フォームの変化


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球は他のスポーツに
比べてもフォームがパフォーマンスにとって
とても重要な役割を担っています。

それは
バッティングであっても
ピッチングであっても同じです。

パフォーマンスが一向にアップしない
という選手はこのフォームに原因があり
そのフォームを改善していくことで
プレーの質は向上していくということもあります。

しかし、このフォームは
自分が意識していないうちに
変わってしまうことがあります。

それはそのフォームを繰り返し
行う中で少しずつ動きが変わっていき
気がつけばその変化が大きくなっていく
ことから起きてしまいます。

この変化は
良い変化もありますが
たいていは悪い変化であることが多いです。

スポーツ選手には
好不調があると言われますが
野球選手の場合この不調の原因の多くが
無意識によるフォームの変化です。

一度この不調に陥ってしまうと
そこから抜け出すのは想像以上に難しく
出口の見えないスランプへとハマってします。

ではどのようにして
このスランプから抜け出せばいいのでしょうか?
そのポイントは大きく2つあります。

一つ目は
元のフォームに戻すことです。
これは一般的ですが
この元のフォームに戻すことも
難しいことなのです。

それはまず元のフォームを
自分で理解していなければいけないからです。
今まで無意識で行なっていたことは
改めて思い出そうとしても自分では覚えていません。

特に普段何も考えず
プレーを行なっている選手は
何かを意識しながらプレーを
行なっている選手に比べると
思い出すことは難しいかもしれません。

そういった選手は
調子が良い状態のフォームを
動画などにとっておき記録をしておきましょう。

また分かっていたとしても
無意識でできていたことを
意識してやることは意外と難しいものです。

再び無意識で元のフォームで
プレーをするために
時間をかけて自分の体に
基礎的な動きを再び染み込ませていきましょう。

二つ目は
変化を受け入れることです。

ほとんどの選手は
不調に陥ると
元のフォームに戻そうと努力をしますが
それが上手くいかないことも多くあります。

そうした時は思い切って
その変化を受け入れて
そのフォームをよくすることを
考えていきましょう。


元のフォームに戻そうと
考えすぎてしまうと
その練習ばかりをしてしまいますが

変化を受け入れることで
色々なアプローチをすることが
できます。

その結果選択肢が広がり
元のフォームよりもパフォーマンスが
上がるということもあります。

安打製造機として知られる
イチロー選手や青木選手は
前年どんなに良い記録を出しても
常に「もっと良くなるために」と
次の年にはフォームを大きく変えたりしています。
またそれはシーズン中にも
行われたりします。

こうした変化を恐れずにできるのは
「そうした方がよくなるのでは?」
と常にフォームについて考えているからでしょう。

どんな選手でも
プレーをしていれば少しずつ
フォームは変化していきます。
まずはフォームがパフォーマンスに
大きく影響を及ばすことを理解し
自分のフォームに興味を持つことから
始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です