「サヨナラ」をさせてはいけない!!


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日高校野球も100会大会という節目の大会が
無事に終了しました。
100回の歴史の中で様々な試合があり
劇的な試合というものも甲子園に限らず
予選からたくさんあったことと思います。

そんな試合の中で
劇的と呼ばれるものに
サヨナラ勝ちがあります。

今回も愛媛の済美高校が
タイブレークで石川の星稜高校に対して
逆転サヨナラ満塁ホームランという
歴史に残る結末を見せてくれました。

一方サヨナラ勝ちが
あるということは
サヨナラで負けてしまった高校
というのも存在します。

星稜高校のような
ホームランでのサヨナラの場合は
防ぎようがないというところも
あるのですが

実はサヨナラゲームを防ぐことが
できたのでは?
といった場面もよく目にします。

もし適切に対応ができていれば
サヨナラ負けをせずに
試合に勝っていたかも知れない
そうした後悔をしないためにも
まずどういう考え方を試合終盤には
行わなければいけないのかを
知っておきましょう。

今回お伝えするには
サヨナラがかかった9回裏の守備についてです。

一つケースを上げてみましょう。

9回裏
点差は1点勝っている状況で
最後の守りについているとします。
しかし、ランナーは2アウトながら
1.2塁の場面このこのケース
あなたならどう守りますか?

おそらく内野手はアウトを一つ取れれば
試合に勝てるので定位置に近い
ポジションにつき2塁ランナーを
返さないために内野を抜けそうな打球にも
必死で食らいつくような守りをするでしょう。

問題は外野手です。
この時、一点取られてしまったら
同点になってしまうという焦りから
2塁ランナーをさせる位置まで前進をしてしまう
守備シフトを敷くチームをよく見かけます。
結論からいうとこのシフトは
良いシフトとは言えません。

なぜならば
この時点で一番最悪なケースは
同点にされてしまうことではなく
1塁ランナーが生還しサヨナラに
されてしまうことだからです。

サヨナラになってしまうと
そのあとの攻撃はありません。
つまりサヨナラの時点で
もう反撃の機会がないのです。

勝ちを焦るあまり前進守備を敷いてしまい
外野の間もしくは頭を越されてしまうと
その瞬間に1塁ランナーは
本塁へ生還をしサヨナラを許してしまいます。
だからこそこの場面で外野手が敷かなければいけない
守備シフトは長打警戒の深めの守備なのです。

最悪一点を取られても仕方がない
そういった気持ちで守ることができなければ
一気に勝敗は決まってしまい
後悔をすることにになってしまうでしょう。

もちろん
同じサヨナラの場面でも
ケースが違えば守備シフトは
変わります。

同点で2塁ランナーがいる場合は
2塁ランナーが変えればサヨナラなので
もちろん前進守備

同点で1塁ランナーであれば
長打警戒

一点差でランナーが2塁であれば
前進守備

また2死でカウント2-3の場合も
ランナーがスタートを切ると言うことを
頭に入れた守備シフトを敷かなかれば
いけません。

試合を決める終盤である
9回何が起きるかわからないからこそ
勝ちを焦らずに万全の準備を
しておきましょう。

PS,長打警戒の場合は
1塁手,3塁手もライン側を閉めておき
長打を打たせないようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です