熱中症対策で最も気をつけたいこととは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

甲子園では熱い戦いが酷暑の中続いています。
試合を観ていると例年よりも多くの選手が
足をつったり体調不良を訴えたりしています。

こうした熱中症への対策は
水分補給であったり
塩分を取ることであったり
休養をしっかりと取ることであったり
ということが言われています。

そうしたことも
もちろん大切な熱中症対策です。
ですが最も大切な熱中症対策は
体調不良を訴えやすいチーム環境を
整えることです。

選手の中には
多少体調が悪くなっても
練習を休みたくないという思いや
レギュラーを外されてしまうのでは
という考えから体調不良を
自ら言い出せないという選手がいます。
そうした気持ちも分からなくもないですが
やはり無理をしてもいいことはありません。

限界まで無理をしてしまっては
最悪の場合救急車を呼ぶことになったり
入院することになってしまったり
することになり
結果的に復帰までに時間が
かかってしまうことになります。
限界まで無理をせずに

少し体調が悪いという段階で
無理をせずに休養をとっていれば
重症にならず
数時間後には練習に復帰できる
ということがほとんどです。

しかし、10代の選手ではなかなか
自分から言い出しづらいというのも事実でしょう。
そうした状況を改善するために
必要なことは周りの大人が
体調不良を言い出しやすい環境を作ってあげることです。
特にここ数年の夏の暑さは異常ともいえるものです。

そうした異常事態であることを
しっかりと子供達にも分かってもらい
無理をしてはいけないことを
理解してもらいましょう。

さらに事前に現在の体調が
どうなのかをチェックしておくことも
重要でしょう。

食事はしっかり取れているのか?
疲労が溜まっていないのか?
体にだるさはないか?

このようなことをチェックシートなどを
作って毎回管理しておくのもいいでしょう。
これにより選手の状態も把握することが
でき指導者からしても体調に不安がある選手を
注意して観ることができます。

またチェックシートを毎回記入することで
選手としても体調管理への意識が高くなり
普段から食事や睡眠など生活面で
気を配ることができるようになり
熱中症の予防にもつながります。

このように
具体的な熱中症の対応策だけではなく
チーム全体として体調管理の意識を
高めて予防をしていく環境を整えることが大切です。

もしあなたも少し体調が悪いと感じたら
遠慮することなく監督やコーチに
申し出るようにしましょう。
そうすることで結果的には
熱中症のリスクを下げることができ
早い段階で練習にも復帰することができ
あなたにとってそこまで大きなマイナスには
ならないはずです。

ぜひ無理をせず
自分の体を大切にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です