都立小山台高校〜一人一人が自主性を持つこと〜


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

昨日
高校野球の地方大会が終了し
各都道府県の代表校が決定しました。

 

前評判通り
勝ち上がった高校もあれば
番狂わせを起こし
甲子園に進出してくる
チームもあることでしょう。

 

惜しくも
敗退してしまった高校も
全てを出し尽くして
悔いなく負けたところもあれば
今までやってきたことが思うように
出せなかったという高校もあるのではないでしょうか?

 

個人的には
東東京大会の決勝まで勝ち進み
惜しくも二松学舎に破れた
都立小山台高校に注目をしていました。

 

都立高校ということで勝ち上がっていけば
注目度が必然的に高くはなるのですが
大会が始まる以前から小山台高校は
注目を集めていました。

 

それは春の大会でベスト8まで勝ち進み
シード校としてこの夏に臨んでいたからです。

 

春、夏と2大会続けて
ここまで勝ち上がるには確かな
実力が必要です。

 

調子や勢いだけでは
ここまで勝ち上がることはできないでしょう。

 

ましてや
小山台高校は
私立の強豪校とは違い
平日の練習が1時間30分程度しかなく
グラウンドも他の部活と兼用で使っているため
専用グラウンドではないのです。

 

そうした環境にあっても
勝ち上がることができる
強さの秘密はどこにあるのかと考えた時
ある出来事を思い出しました。

 

それは春先の対外試合が解禁された頃でした。
ちょうどその頃ご縁があり
都立新宿高校さんと
都立小山台高校さんの練習試合を
見させていただきました。

 

その日は
良い天気だったのですが
前日に雨が降っていたため
グラウンドコンディションが悪く
練習試合の開始が遅れていました。

 

グラウンドを見ると
それぞれの部員が
早く試合をするために
グラウンド整備を行なっていました。

 

しかしグラウンドにはあちこちに
水たまりができていたため
試合開始にはとても時間が
かかりそうだと感じました。

 

しばらくその様子を見ていると
小山台の選手たちの行動力や
自主性に驚かされました。

 

それは一人一人が
自ら考え早くグラウンドコンディションを
整えて試合をするために指示を出し合って
いたからです。

 

砂が足りていないところがあれば
そこに砂を持っていくように指示を出し
人数が多いところがあれば
少ないところに人手を回すように
指示を出すといった具合でした。

 

当たり前に思うかもしれませんが
これは高校生にはなかなか
できることではありません。

普通であれば
監督やコーチが指示を出し
それをキャプテンが選手に伝える
といったところでしょう。

 

何も言わなければ
指示が出るのをひたすら
待っているだけかもしれません。

 

ですが
小山台の選手は
もちろん監督からの指示も多少は
出ていますが
言われたこと以外にも
「もっとこうしたほうがいい」
「このほうが効率がいい」
ということをそれぞれが考え
実践していきます。

 

一番印象に残ったのは
良い意味で誰がキャプテンか
わからなかったことです。

 

それはキャプテン1人に頼るのではなく
選手それぞれが自主的に
「もっと良くなるためには」
ということを常に考えており
お互いに指示を出し合える雰囲気であった
からです。

 

もちろん個々の能力も高いですが
やはり推薦で選手をとっている
高校と比べれば技術的には劣るところも
あるかもしれません。

 

しかし、こうした目には見えない
チームの力というのが積み重なると
短期決戦ではこうも強い戦い方が
できるのかと思い知らされました。

 

もしあなたのチームも
チームとして一年後の夏に
勝ち上がりたいと思うのであれば
ぜひこうした選手それぞれの
自主性を高めていってはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です