自分の感性を大切に


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球の練習のサポートをしていると
色々な選手たちを実際に目にする機会が
多くあります。

 

そんな時に感じることは
選手にはそれぞれ違った考え方や
感覚、感性というものがあるということです。

 

もちろんそれは当たり前のことなのですが
それでも本当に選手の数だけ
それぞれの感性があるといってもいいほど
個性があると感じます。

 

それだけ感性が違ってくると
やはり選手にはそれぞれに
あったアプローチをして
成長をサポートする必要があります。

 

しかし野球とは基本的には
チームスポーツであるため
チームで同じ練習を行っています。

 

またチームの方針によっては
全選手に全く同じように指導をする
というところもあるでしょう。

これは指導者不足や
環境の問題では仕方の
ないことかもしれません。

 

ですがそれでも
選手それぞれの将来を考えるのであれば
その選手に一番あった方法やサポートを
してあげることがベストと言えるでしょう。

 

逆に指導者の立場にある人が
一番やってはいけないことは何でしょう?

 

それは
「決めつける」ということです。

・自分がこうだったから
・あの選手はこうやって成功したから
・この方法が良いと聞いたから

 

このようにこれが正しい
ということを指導者が決めつけてしまうと
もしかしたらある選手にとっては
マイナスになってしまうということがあるのです。

 

それは最初に話したように
選手それぞれに考え方があり
感性が違うことと同時に
体つきや成長のスピードに差があるからです。

 

だからこそ
指導者は選手の声に
耳を傾けることが大切だと思います。

 

常に一方通行にならないように
選手がどう思うのか?
どう考えているのか?
ということを私も選手に
質問するように心がけています。

 

そうした質問をすると
「そうした考え方もあるのか」
「そんな感覚でやってたのか」
と私自身も色々と気づかされることがあります。

 

そうした考えを聴くだけでも
指導者としての幅は大きく広がっていくと
思います。

 

また選手の立場としても
この感性は大切にして欲しいと思います。

 

「こうやって指導をされたけど
自分には合わない気がする」
こうした時はそのままそれを
鵜呑みにするのではなく
自分の感性にしたがって見ることも
大切です。

 

しっかりと自分の考えや感性を
伝えてあげましょう。
そうすればそれを踏まえた上での
新たなアドバイスを指導者は選手に
伝えることができます。

 

もちろん
自分に合わないと思っても
やってみたらしっくりきた
ということもあります。

 

そのバランスはとても複雑なものですが
今もし結果が出ていないのであれば
素直にアドバイスを聞き入れて見ることを
お勧めします。

 

いづれにしても
選手それぞれの感性は
とても大切です。

 

指導者の立場にあっても
選手の立場にあっても
軽視せずに大切にしていきましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です