新チームとなった高校生へ


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球の予選が
各地でおこなれ終盤を迎え
いよいよ代表校が決まリ始めました。

 

今年は100会大会ということもあり
多くのチームにチャンスがあり
甲子園も楽しみな大会となりそうです。

 

しかしながら
代表校が決まり始めたということは
残念ながら予選に敗れてしまい
新チームへと切り替わっていった
高校が多くなってきた
ということでもあります。

 

新チームとなった高校は
是非ともこの夏の悔しさを
糧に秋・春そして
一年後の夏の大会での
活躍を目指して欲しいと思います。

 

さてそんな新チームになった高校に
ぜひやってもらいたいことがいくつかあります。

 

まず一つ目は
甲子園の試合を観ておくこと

 

甲子園では各地区の代表チームが
激しい戦いを高いレベルで
行なっていきます。
また大会が進めば進むほど
そのレベルは上がっていくでしょう。

 

その戦いを見ることで学べることは
たくさんあります。

 

なぜならば
新チームとなった高校にとって
その高いレベルの試合は
一年後の自分たちの姿でなければ
いけないからです。

 

予選を勝つことができなかった
ということは必ずどこかに
チームに足りなかったところがあるはずです。

 

その足りない部分を
甲子園では発見することが
できるはずです。

 

その発見できたところを
新チーム全員で共有し
一年をかけて克服できるように
していきましょう。

 

次に行って欲しいことは
どこにピークを持ってくるか
ということです。

これから残る大会は選抜をかけた秋大
夏のシードをかけた春大
そして最後の夏の甲子園をかけた
夏の予選大会です。

 

チームの現状の戦力として
秋に十分に選抜を目指して
戦うことができるというチームもあるでしょう。

 

しかし決してそうしたチームばかりでは
ないのではないでしょうか?

 

そうしたチームは
もちろん試合で勝つことを目指しますが
やはり試合だけに照準を絞って調整をしてはいけません。

 

長い目で考えて
足りない基礎や取り組まなければいけない
ことに注力して練習に取り組むことが必要と
なってくるでしょう。

 

残された時間は限られています。
秋の大会が始まるからといって
今やらなくてはいけないことを
ないがしろにしてしまわないようにし
じっくりと力を蓄えて
春大や最後の夏にどうやって勝つのかという
目線でこれからの練習に取り組んで観ては
いかがでしょうか?

 

最後に
2年生にとっては
これからの一年間は最後の一年となります。
時間は長くあるようであっという間に
過ぎていってしまいます。

 

是非悔いの残らない
一年とするためにも
このスタートを大切に過ごしていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です