バッティングの基本・腰を回せとは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回はバッティングの基本として
良く言われる
「腰を回せ」
ということについてお伝えをしていきます。

 

バッティングは
体の回転していく動きを
バットに伝えスイングをすることで
ボールを飛ばしていきます。

 

その基本となる動きとして
腰を回せということを良くいわれます。

 

しかし
実際に腰を回しているかというと
実はそうではありません。

 

なぜならば
腰自体を回すことはできないからです。

 

腰が体のどこからどこまでの
ことを指すのかにもよりますが
腰は体の中心にあるので
そこだけを回すことはできないのです。

 

つまりこれも
あくまで腰を回すイメージで
打てということなのです。

 

このように腰を回すように
打つという指導は
腕だけでスイングをしてしまうことを
防ぐ意味があります。

 

バットは手で持っているため
初心者はどうしてもその腕だけを
使ってスイングをしようとしてしまいます。

 

しかし、それでは力強い
スイングをすることはできません。

 

力強いスイングを
するためには
最初にもお伝えしたように
体幹を使って体を回転させる
力を利用する必要があります。

 

細かいことを言うと
その回転のイメージの中心にあるのは
骨盤の動きです。

 

骨盤をキャッチャー方向にひねり
テイクバックとトップを作ります。

 

そのひねりを
インパクトに向けて
ピッチャー方向に向けていくことで
体全体が回転をしていき
バットに力が伝わっていきます。

 

この骨盤の動きというのは
ピッチングにおいてもバッティングにおいても
とても大切です。

 

もし今あなたがバッティングで
思ったように飛距離が出ていない
というのであれば
この骨盤の動きに問題があるかもしれません。

 

この骨盤の動きを
良くするためには
バッティング練習だけの
意識ではいけません。

 

アップなどから常に
どのように体が動いているのかを
考える必要があります。

 

走る時骨盤はどのように動いているのか?
体操をしているときはどのような
動きをしているのか?
どのように動かしたら
もっと動きはスムーズになっていくのか?

 

このような意識を常に持っておくことで
バッティングを行うときに
骨盤がスムーズに動くようになっていきます。

 

「腰を回せ」
という指導に対してしっくりこない
思ったように打てないと言う選手は
ぜひこの骨盤の動きを意識してみては
いかがでしょうか?

 

普段意識できていない
という選手ほど効果があり
飛躍的にバッティングが良くなっていく
きっかけになるかもしれません。

 

PS
「腰を回せ」という指導が間違っている
というわけではありません。

 

小学生など野球を始めたばかりの選手は
腰を回せといったほうが体全体を使った
スイングをイメージしやすいと思うので
問題はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です