バッティングの基本・体重を残せとは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回はバッティングで
よく言われる
「体重を残せ」ということについて
お伝えしていきます。

 

バッティングでいう
体重を残せとは
一般的に軸足側に
体重を残せという意味で使われます。

 

軸足側とは
右バッターであれば右足
左バッターであれば左足になります。

 

この体重を残すことと反対の意味で
使われるのは
体が突っ込むという言葉です。

 

では体が突っ込んでしまうと
何がいけないのでしょうか?

 

体が突っ込む状態といのは
早い段階で体重が前足側に
かかってしまうことをさします。

 

具体的には
テイクバックから
足を上げて前足を地面に着地させて
トップに入った時です。

 

この時に体重が
前足側に大きく傾いてしまうと
上半身がピッチャー方向に
いってしまうため
体が突っ込んでいると言われてしまいます。

 

このような状態になってしまうと
まず考えられるデメリットは
バッティングに体重移動の勢いを
使えなくなってしまうことです。

 

良いバッティングをするためには
この体重移動を上手く使う必要があります。

 

トップに入った時に
軸足側にあった体重を
ボールにタイミングを合わせて
前足に移すことで勢いがつき
その勢いを上半身に伝えていくことで
力強いスイングをしていくことができます。

 

しかし
体が突っ込んでしまうと
この体重移動のタイミングが
早すぎるため
一度勢いが止まった状態になってしまうため
体重移動の勢いを上半身に
伝えることができません。

 

その結果
スイングは弱くなってしまうでしょう。
また、体重移動の勢いを使えないということは
下半身の力を使えていない
ということなので上半身の力に
頼ったスイングになってしまいます。

 

そのため
バットを無理やり出す形になり
バットの芯が前に出て行かずに
詰まってしまったり
振り遅れたりしてしまいます。

 

このような理由から
バッティングでは体を
突っ込んではいけない
体重を残せと言われるのです。

 

ここで注意をして欲しいのですが
体重を残せと言っても
最初に話した通り
最後まで体重を軸足側に
残してしまってはいけません。

 

あくまで体重を残すのは
トップに入った瞬間までです。

 

そこから振り出しに行く時には
必ず体重を前足側に移動させていきましょう。

そうすることで
下半身主導の効率の良い
スイングをしていくことができるでしょう。

 

逆に後ろに残せ
という言葉をそのまま鵜呑みに
し過ぎてしまうと
軸足である後ろ足に体重を残したまま
スイングをしてしまうため
上手くスイングをすることが
できなくなってしまうでしょう。

 

もしあなたが体重を残せ
という指導を受けたことがあるのであれば
ぜひどの瞬間に体重を残しておき
どのタイミングで体重移動をしていくのかを
頭に入れて置くようにしましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です