バッティングの基本・体が開くとは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングの基本と
呼ばれるものがいくつかあります。

 

・上から叩け
・体重を残せ/突っ込むな
・体を開かない
・腰を回せ
など色々なことが
昔から言われています。

 

これから何回かに渡って
そうしたバッティングの基本について
どのように考えればいいのかを
お伝えしていきたいと思います。

 

今回はまず
前足を開かない
ということについて
お伝えしていきます。

 

バッティングでは
うちに行った時
体を開いてはいけない
ということが言われます。

 

ここでいう体が開かない
というのはバッターの体の正面が
ピッチャー方向に向かずに
なるべく相手ピッチャーに
胸をみせないようにして
スイングをすることを言います。

 

ではなぜ
体を開いてはいけないのでは
ないでしょうか?

 

それは体が開くことによって
色々なデメリットがあると
考えられているからです。

 

まず一つ目は
アウトコースが打ちづらくなることです。

 

アウトコースは体から遠いため
腕を伸ばしてバットに当てるか
ギリギリまでスイングを我慢し
ホームベースよりで打つ必要があります。

 

ですが
体が開いていってしまうと
徐々にアウトコースから体が離れていって
しまうので結果的にバットがアウトコースに
届かなかったり手が出なかったり
してしまうのです。

 

二つ目は
体の開きが早いことによって
力が上手くボールに伝わらなく
なってしまうということです。

 

ピッチャーが投げたボールに対して
力を強く伝えるには
まっすぐに力を伝えることが
必要です。

 

しかし体が早く開いてしまうと
バットが遠回りをしてしまう
可能性があるので
遠回りをした分
力がまっすぐに伝わらなくなってしまいます。

 

そのほかにも
色々と開いてはいけない
と言われる理由がありますが
本当に体は開いてはいけないのでしょうか?

 

その答えは
非常に難しいのですが
一つだけ言えることは
「言葉に惑わされてはいけない」
ということです。

 

「体を開くな」
ということをいうのは簡単ですが
おそらくほとんどの人が
その意味を理解せずに
自分がそう教えられてきたから
そう教えている
という状態なのではないでしょうか?

 

実際に体を開くな
といわれても
人それぞれ
体を開かないという
意味の受け取り方によっては
別々の解釈をしてしまうでしょう。

 

こうしてしまうと
フォームは逆に窮屈になり
不自然なスイングになってしまいます。

 

もしかしたらあなたも
「体を開くな」
ということを言われて
実践したらインコースに手が出なくなったり
詰まってしまったという経験が
あるのではないでしょうか?

 

それではいくら
体が開いていなくても
ボールは飛んでいきませんし
ミートをすることも難しくなってしまいます。

 

では本当の意味で
体が開かない状態とは
いったいどういう状態でしょう?


それは
トップに入る瞬間まで
前足のつま先をピッチャー方向に
向けないという状態です。

 

そして実際に
トップからインパクトに
向けてスイングをしていくときは
つま先をややピッチャー方向に向けて
スイングをしていきましょう。



このインパクトの時まで
足を閉じたままにしてしまうと
バッティングが窮屈になり
力の弱いスイングになってしまいます。

 

ぜひあなたも
言葉に惑わされずに
どうしたら力が伝わるのか?

 

体を開かないとは
どういう状態のことなのかを
自分なりに考えて見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です