木製バットを使うメリットとは?



こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは今どのようなバットを
使用していますか?

 

最近では昔と違い
特に軟式野球では多くの種類のバットが
使われるようになってきました。

 

それでもまだ小学生から
高校生までの選手の多くが
金属バットを使用していると思います。

 

金属バットは反発力が
強くボールを遠くに飛ばすことができたり
多少詰まったとしても芯が広いため
ヒットを打つことができます。

 

また昔に比べても
性能がよくなっているとも
言われており
ホームランの数も
多くなってきているようです。

 

しかしながら
高校野球を卒業して
さらにその先でプレーをしたいとなれば
大学野球や社会人野球
またはプロ野球の世界へ
進むことになります。

 

その場合
バットは金属バットではなく
木製バットが使われるようになります。

 

このバットの変化というのは
思いのほか大きく
今までバッティングを売りにしていた選手が
突然打てなくなってしまうということがよく起こります。

 

プロ野球でも
高卒ルーキーのバッターの問題として
木製バットへの適応という言葉が
よく使われます。

 

ではなぜバットの材質が変わるだけで
このような変化が生まれてしまうのでしょうか?

 

木製バットは
金属バットと違い
反発力が弱いです。
また芯の範囲も狭くなっており
完璧に捉えることができないと
凡打になってしまうでしょう。

 

それに対し金属バットは
先ほども話した通り
反発力も強く芯の範囲も広いため
当てただけでも
「良い当たり」を打つことが
できてしまいます。

 

その結果
バッティングが雑になってしまう
恐れがあるのです。

 

上半身の力だけで
バットを思いっきり振り回して
スイングスピードが速ければ
多少芯を外れようとも
打球は遠くに飛んでいきます。

 

しかしそれに満足をして
勘違いをしてしまうと
技術の成長は見込めません。

 

その上でさらにバッティングを
よくしようとするために
筋トレばかりをしてしまっては
バッティングはどんどん
雑になっていってしまうでしょう。

 

もちろんトレー二ングをすることも
パフォーマンスアップには必要ですが
それだけでは成長したとは言えません。


では雑なバッティングをしないためには
どうすればいいのでしょうか?

 

それは簡単です。
早い段階から
木製バットを練習で使うことです。

 

木製バットを使うことで
バッティングは非常に難しくなります。

 

芯も狭いため
完璧に捉える必要があるので
バットコントロールが磨かれます。

 

また、飛距離も出にくいので
遠くに飛ばそうとするには
効率の良いスイングが必要になってきます。

 

この時に飛ばないからといって
筋トレで補おうとはしてはいけません。

 

細身であっても
体を上手く使って
ホームランを打てる選手は
山ほどいます。

 

このように
バッティング練習を全て
木製バットに変えることによって
結果的には
飛距離も上がり
ミート力も上がり
効率の良いスイングも身につきます。

 

また高校を卒業した後に
木製バットへの変化に悩むことも
なくなるでしょう。

 

是非あなたも
高いレベルでの野球を目指すのであれば
早くから木製バットでのバッティング練習を
取り入れることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です