走塁の心構えとは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは走塁に対して
どれくらいの自信を持っていますか?

 

バッティングやピッチングが
得意という選手も
走塁自体は練習時間が少ない
というところも多く
あまり自信を持って
プレーできていないという選手も
多いのではないでしょうか?

 

しかし野球は得点をとりあうゲームです。
ホームラン以外はしっかりと
走塁をしなければいくらヒットを打っても
得点することができないため
勝つことができません。

 

逆にヒットの数が少なくても
しっかりとした隙のない
走塁ができていれば
少ないチャンスをものにし
得点を重ねて勝つこともできるでしょう。

 

このように勝敗に大きく影響を
及ぼすのが走塁です。
それだけにしっかりとした知識で
自信を持って走塁をできるように
しておきたいところです。

 

では実際に走塁で気をつけたいことですが
まず一つ目は
状況判断です。

 

一塁にいる時二塁にいる時
また三塁にいる時
それぞれの状況によって
どのように判断をして
スタートを切るのか?
それともベースに止まっておくのか?
ということを常に頭で
シミュレーションしておくことが大切です。

 

・アウトカウント
・点差
・試合状況
・他の塁のランナー
・相手の守備位置
・打球方向

 

これら全てをプレーが起こる前に
頭の中でイメージしておきましょう。

 

フライが上がったらどうするのか?
ゴロだったらどうするのか?
それぞれのパターンを
事前に思い描くことで
実際にそのプレーが起きた時に
思い通りに体が動いてくれます。

 

もし事前に何も考えずに
プレーに入ってしまった場合
打球が飛んだ瞬間に
全てを考え始めなければいけません。

 

それはプロ野球選手でも
難しいことでしょう。

 

一流選手だからこそ
ミスをしないために
状況を確認しています。
まずはここから始めていきましょう。

 

次に大切なことは
次の塁を狙うという気持ちです。

 

初心者に多いのですが
どうしても最初に
頭に思い浮かんでしまうのが
「アウトになりたくない」ということです。

 

もちろんアウトになることは
いいことではありませんが
そのままでいると
消極的なプレーばかりになり
狙えたはずに塁に進めずに
得点チャンスを逃してしまうことに
つながりかねません。

 

良い走塁をするためには
常に次の走塁を狙う気持ちが
大切です。

 

最初のころは失敗が大きかもしれませんが
それもいい経験です。
どのタイミングでスタートを切ったら
アウトになってしまうのか?
どうすれば次の塁に行く確率を
あげられるのか?

 

それらを考えて実行して行くことで
走塁は磨かれていきます。

 

走塁がいい選手というのは
監督も安心して起用をしてくれます。

 

それは足の速い遅いは関係ありません。
足が遅くても走塁技術が高ければ
その遅さをカバーすることも可能です。

 

ぜひ練習から無難なプレーをせずに
先の塁を狙うことを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です