鏡を見ての練習での注意点


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたはフォームなどを修正するとき
どのような形で
フォームチェックを行なっていますか?

 

最近では
携帯などで動画を撮って
フォームをチェックする機会も
増えてきたとは思いますが

 

鏡を見てフォームをチェックしているという
選手も多いのではないでしょうか?

 

鏡を見ることで
動作を起こしながら
リアルタイムで自分の動きを
見ることができるので
自分の感覚と実際の動きとのずれ
修正しやすいと思います。

 

例えば自分の感覚では
腕を肩のラインまで上げている
つもりが鏡を見てみると
それほど腕が上がっていなかったり
足を大きく広げているつもりが
実際は全然足が広がっていなかったりなど

 

このようなずれを修正することは
フォームの修正やパフォーマンスアップに
つながりやすくなります。

 

しかし、こうした鏡を見ての練習でも
気をつけなければいけないことが
いくつかあります。

 

まず一つ目は
鏡は常に線対称に自分
写しているということです。

 

右投げの選手が鏡を見れば
左投げに見えたり
右バッターが鏡を見れば
左バッターに見えたりするように

 

鏡の中の自分は動き方は
一緒かもしれませんが
実際の見え方とは明らかに
違っています。

 

これは大した問題ではないように
感じるかもしれませんが、
やはり頭に入れておかなければ
いけないところです。

 

それはやはり人間の体そのものが
線対称にはつくられていないからです。

 

人間の体を中心で縦に線を引き
右半身と左半身に分けた時
実は全く同じようにはできていません。
顔の作りも違えば
重さや細かい長さも違います。

 

その為
野球の
ピッチングフォームやバッティングフォームの
ような繊細なものをチェックするためには
やはり動画をとって見るのが一番だと言えます。

 

もちろん感覚を研ぎ澄ますために
鏡を利用するのは効果があるので
全くやってはいけないというわけではありません。

 

そして二つ目の理由として上げられるのは
視線の問題です。

 

鏡でフォームチェックをするためには
当たり前ですが鏡を見る必要が
あります。

 

例えばバッティングであれば
スイングをしながら鏡に映る
自分のフォームを常に見る必要があります。

 

鏡を正面にして横からのスイングを
見たければ右バッターであれば
一塁ベンチ方向を常に見ることになります。

 

しかし、実際にスイングをする時
一塁ベンチを見ながらスイングを
することがあるでしょうか?

 

当然ですが
スイングをする時は
ピッチャー方向を見てスイングを
するはずです。

 

人間の体の動きは
目が見ている方向に
大きく左右されやすいものです。

 

また視線を動かすということは
首も動かすということです。

 

こうした首の動きも
体全体の動きに大きな影響があります。

 

つまり鏡の方向を見ながらのフォームと
実際プレーを行う際に見る方向を向いてのフォームでは
全くと言っていいほど別のフォームになってしまうことが
考えられるのです。

 

先ほども話した通り
動きを少し確認するために
鏡を使い自分の動きをチェックすることは
良いことです。

 

しかしそれが多すぎて
変な癖がついてしまうと
それはプレーするに当たっては
マイナスな影響も考えられます。

 

そうした影響があるということを
頭に入れた上で鏡を利用するように
しておきましょう。

 

守備の基本練習3↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です