一流選手の条件とは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたが考える一流選手とは
どんな選手ですか?

 

具体的に
プロ野球選手や
メジャーリーガーを
思い浮かべてみるのもいいでしょう。

・球速が速い
・打率が高い
・ホームランを打つ
・足が速い
などなど
色々な要素が考えられます。

 

しかし、
一流選手にはある大前提があります。

それは怪我をしない選手ということです。

 

怪我をしてしまえば
いくら球が速く
バッティングもよく
足が速くても
試合に出られないので
活躍することはできず
一流選手と呼ばれることはないでしょう。

 

では怪我をしないためには
どのようなことをしていけばいいのでしょうか?

 

怪我の原因は大きく2つあります。

1つは野球に関係のない事故などの外傷
これは注意することはできますが
完全に防ぐことは難しいかもしれません。

 

交通事故などはもちろんのこと
その他にも捻挫や転倒などによって
思わぬ怪我をしてしまうことも
あるでしょう。
しかしこうした怪我は回復すれば
プレーにはほとんど支障はなく
すぐに復帰をすることができます。

 

問題は2つ目の
プレーによって体に負荷が
かかって起きた怪我です。
ヘルニアや野球肘など
プレーをし続ける中で
疲労や負担が大きくなり起こってしまう
このような怪我は治りが遅いだけでなく
プレーそのものにも大きな影響が出てきます。

 

こうした怪我に繋がる原因は
・フォームの問題
・身体的な問題
の2つが考えられます。

 

無理なフォームでプレーをすることで
体に負荷がかかり怪我につながってしまう
ということはよく起きます。
また怪我をするだけではなく
運動効率も悪いため
パフォーマンス自体も上がりにくくなってしまいます。

 

効率の良いフォームを
身につけることができれば
怪我のリスクも軽減することができ
さらにパフォーマンスも上がっていく
ので選手にとってはいいことしかありません。

身体的な問題とは
体の柔軟性やケアの問題です。

 

運動をする上では
ある程度の柔軟性が必要です。
それは肩甲骨や股関節などの
可動範囲も含めてです。

 

体を動かす可動範囲が広がれば
無理な動きは減り体に負担が
かかりづらくないます。

 

普段からストレッチやアップなどで
柔軟性を高めたり
関節の可動範囲を広げることを心がけましょう。

 

そしてもう一つ大切なのは
体のケアです。

 

日々の練習やトレーニングで
体には疲労や負担が確実にかかります。
それをそのまま放置してしまえば
いつか体が耐えきれなくなり
怪我をしてしまうでしょう。

 

そうしたことにならないために
体のメンテナンスをする必要があります。
練習後のダウンであったり
ストレッチであったりは当たり前のこと

 

本当に自分の体が大切だと思うのであれば
そうしたケアをしてくれるところに
通い時間をかけることも必要でしょう。

 

もちろんどんなに良いフォームで
細心の注意を払いケアをしていても
怪我をしてしまうことはあります。

 

しかしその可能性をできる限り減らし
仮に怪我をしたとしても
軽度にすむようにすることはできます。

 

怪我をしてからやっておけばよかったと
後悔をする前に自分の体をしっかりと管理し
一流選手を目指しましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です