子供がなかなか練習をしない


BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

スポーツは上手くなりたければ
練習経験をすることが一番です。

 

ですが
小さい頃というのは
なかなか自主的に練習をしたり
自分でルールを作って
何かを継続することは
とても難しいことでしょう。

 

例えば勉強で考えると
受験生でもない限り
学校から帰ってきて
自ら進んで勉強をするという子供は
なかなかいないでしょう。

 

それは子供に限らず
人は興味のあることや
好きなことを優先してしまうからです。

 

そんな時に
「勉強をしなさい!」
と子供に声をかけても
その場は強制することによって
勉強をするかもしれませんが

次の日もまた
「勉強しなさい!」
と声をかけなければいけないでしょう。
(おそらくあなたにも
小さい頃そんな経験があるのでは?)

 

これをそのまま野球に
置き換えてみるとどうでしょうか?

 

自主練習をしない子供に対して
「自主練習をしなさい!」
と言ったたところで
その子は自主練習を継続的に
行なってくれるでしょうか?

 

いくら
「上手くなりたくないのか?」
「プロ野球選手になりたくないのか?」
と声をかけたところで効果は薄いでしょう。
仮に練習をするようになっても
それは「自主練習」ではなく
練習を強制された
「やらされている練習」になってしまうでしょう。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

先ほども話した通り
人は好きなことや興味のあることを
優先して行動を起こします。

 

つまり好きなことであれば
自分から勝手に行動を
起こしてくれるのです。

 

「好きこそ物の上手なれ」
という言葉があります。

これは
好きなことであれば
時間を気にせずいくらでも
好きなだけ熱中して
練習もするし継続もする
だから結果的に上手くなる
ということだと思います。

 

例えば
ゲームをする子供は
ゲームが好きで楽しいことなので
大人が注意をしなければ
時間を忘れていつまででも
ゲームを続けてしまいます。

 

これをゲームではなく
野球にすることができれば
何も言わなくても
自主練習をするようになるでしょう。

 

このような状態になった時
本人には自主練習をする
という感覚はないかも知れません。

 

「ただ好きな野球をやっているだけ」
そんな状態を作ることができれば
理想的です。

 

まとめると
自主練習はさせるものではなく
強制するものでもなく
自ら好きで行うものでなければいけません。

 

だからこそ子供がまだ小さい間は
保護者の方や指導者の方々は
「いかに練習をさせるかではなく」
「いかに野球を好きになってもらえるか」
ということが一番大切なことだと思います。

 

実はそれが一番
難しいことなのかも知れませんが、、、

ここで一つ参考になりそうな
話を紹介します。

 

なかなか勉強をしない
子供に勉強をしてもらう方法です。

 

それは親が楽しそうに
一緒に勉強をしてあげることだそうです。

 

「ただ勉強しなさい」
ではなく一緒に
その日授業でやった内容を
子供に教えてもらったり
宿題を一緒に考えながらやります。

 

そうして答え合わせなどで
合っていればしっかりと褒めて
あげることも大切です。

 

なぜこのようなことが
大切かというと
人間には5段階の欲求
あると言われているからです。

 

・生理的欲求
生命を維持したい

・安全の欲求
身の安全を守りたい

・所属と愛の欲求
他者と関わりたい
集団に属したい

・承認欲求
他者から価値を認められたい

・自己実現欲求
能力を発揮して創造的活動がしたい

 

この5つの欲求が動機付けとなって
人間は行動を起こします。

 

つまり
勉強を一緒にやることで
所属と愛の欲求が満たされ
さらに褒めてあげることで
承認欲求が満たされるのです。

 

そうしているうちに
その子供は勉強をするのが
好きになっていき
自己実現欲求により
「もっと良くなりたい」という欲が生まれ
勉強を自分で続けてくれるそうです。

 

ではスポーツの場合はどうでしょうか?

これも同じように
子供が小さいうちは
保護者の方や指導者の方が
楽しそうに一緒に練習してあげること
一番だと思います。

 

そうして良いプレーをすれば褒めてあげ
上手くなってくればそれを言葉にしてあげましょう。

 

そうすれば
「もっと上手くなりたい」
「もっと野球をやりたい」
という気持ちは子供の中で
膨らんでいくでしょう。

 

その結果
わざわざ「練習しなさい」
と言わなくても
こちらが心配するぐらい
いつまででも野球に取り組んでくれるでしょう。

 

もしあなたのお子さんが今
練習をなかなか自分からしていないな
と感じるのであれば
練習を強制するのではなく
一緒に楽しみながら練習や活動に
取り組んでみてはいかがですか?

 

他人を変えることは難しいですが
自分を変えることは
ある程度簡単にできます。
まずは子供を変えようとするのではなく
自分から何かを変えてみましょう。
何か新たな変化があるかも知れませんよ?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です