打席で考えたいこと


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは打席で
どのようなことを考えて
いるでしょうか?

・狙い球
・出塁の意識
・進塁打
・安打狙い

試合の状況や
あなたの打順
カウントによっても色々な
考え方があると思います。

 

しかし、
ほとんどの選手に
共通して言えることが
ストライクを簡単に
見逃してしまうということと

 

空振りを恐れて
スイングがコンパクトに
なりすぎてしまうことです。

 

ストライクがスイングできないことは
タイミング的な問題もありますが
あまりにもコンパクトなスイングをしてしまうと
相手からするとあまり恐怖心がありません。

 

想像してみてください
初球からフルスイングをしてくるチームと
そうでないチーム

 

空振りをされたとしても
フルスイングをされた方が
「一発があるかもしれない」
警戒をするはずです。

フルスイングとまでは
行かないまでも
力強いスイングをすることは
多くのメリットがあります。

 

その一つが
長打を狙えるということです。

 

単打であると
ランナーは一塁のため
ワンヒットで得点というのは難しいです。
そのためバントやエンドランなどで
ランナーを得点圏におくのですが
それではアウトカウントが
増えてしまいます。

 

しかし、長打を打つことができれば
その必要はなく得点率は
高くなっていくでしょう。

 

これには異論も出てくると思います。
長打狙いになってしまったら
大振りになってしまい
「そもそもヒットが出づらいのではないか?」
「だったら安打狙いでコツコツと
チャンスを作った方がいいのでは?」
という意見です。

 

確かにそういう考え方も
できるかもしれません。

 

ですがこれはケースを
考えれば解決することができます。

例えば
初球や追い込まれるまでは
フルスイングを行い
追い込まれてからは
コンパクトなスイングを心がけるなどです。

 

最初にお伝えした通り
打席に立つとどうしても
空振りを恐れてしまい
コンパクトなスイングになってしまいます。

 

しかし初球にフルスイングで
空振りをしたところでアウトになることは
ありません。
ストライクが一つ増えるだけです。

 

それでもし長打が打てればラッキー
仮にバットに当たって詰まってしまったとしても
フルスイングした打球は
内野の頭を超えてくれる
可能性は高いです。(金属バットならなおさら)

 

また、相手バッテリーからしても
初球からフルスイングをされ
追い込まれてからはコンパクトな
スイングに切り替えられたら
どうでしょうか?
とても投げづらく攻めずらいはずです。

 

単打単打で繋いでいき
得点をしていくことは
とても難しいことです。

 

それは打率が3割あれば
良いバッターと言われるように
野球は圧倒的に投手有利だからです。

 

だからこそ
一回のチャンスをものにする必要があります。
ぜひフルスイングを練習から意識して
カウントによっては思い切ったスイングを
心がけてみましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です