目標達成のポイントpart2~目標達成確率を2%から50%にする方法~


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は目標を達成するためには
数字と目標を明確に示すということを
大谷翔平選手の目標計画を
参考にお伝えしていきました。
目標達成のポイントpart1はこちらから

 

今回はそのステップ2として
「目標に向かって努力し続ける難しさ」
をお伝えしていきます。

 

まずあなたに知ってほしいことは
目標を達成することの難しさです。
実は野球に限らず一般的に
目標を達成できる確率は
約2~3%と言われています。

 

100人いれば2~3人しか
目標を達成できないのです。

 

ではなぜこれほどまでに
目標を達成することが
難しいのでしょうか?

 

1つ例をだして考えてみましょう。

 

ある100人が「ダイエットをしよう」
と新年の目標を立てたとします。

目標と期間をしっかりと決め
今年の12月31日までに10kg減
目指したとします。

 

ではこの目標を1月1日に立て
2週間後にいったい何人が
目標に向けた努力を
続けていると思いますか?

・・・・

実はこの時点で約80%の人が
すでに努力をすることを
やめてしまっているのです。

では12月31日の時点で
その目標に向けた努力を
何人の人が続けているのでしょうか?

 

・・・・

 

それはたったの5%と言われています。

100人中たった5人だけしか
努力の継続ができないということです。

 

つまり95%の人たちはそもそも
目標達成に向けた努力をしていないのです。

ですが裏を返せば
こういったことも考えられます。

 

最初に話した通り
目標を達成できるのは2~3%だけです。
しかし100%のうち95%が
そもそも努力をしていないので
残りは5%

 

100人で考えると
5人のうち2~3人が
目標を達成するということは
その確率は約50%ということになります。

 

どういうことかというと
そもそも周りは努力をせず
自分で競争から消えていってしまうので

努力を続けてさえいれば
目標が達成される確率は
50%ということです。

 

そう考えると
高い確率で目標が達成できると
思いませんか?

 

努力を続けてみても
目標が達成できなかった
50%になってしまったという場合は

その努力の方法と量を見直す
必要があります。

 

そこを見直しもう一度
努力を続けることができれば
おそらく次の目標達成確率は
経験値がある分高くなるでしょう!

 

これを野球にも置き換えてみましょう。

 

野球選手として成長するためには
明確な目標を立てて努力を
することが大切です。

 

そしてその立てた目標から
具体的な行動をしていくことが
練習や努力なのですが

 

先ほどの例のように
それを継続していくことが
実はもっとも難しいことなのです。

 

つまりどんなに良い
目標や計画を立てたところで
それを実行し継続しなければ
目標は達成されず
野球選手としても
あなたが望むような
成長ができないということです。

 

ましてやプロ野球選手になる
という目標を考えると
その確率は一気に下がり
野球をやっている人のうちの
0.03%と言われています。

そもそも努力をしても
目標を達成することが難しい
狭き門だというのに
努力をしないでプロ入りすることは
よほどの天才というより他にありません。

 

目標がプロ野球選手でなかったとしても
これは同じことです。

 

どんな目標でも努力を継続しなければ
その目標を達成することはできません。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

勝手に競争から消えていく
95%のうちの一人になってはいませんか?

 

もし今95%のうちの一人だったとしても
問題ありません。
その目標を本当に叶えたいのであれば
今からでも5%の努力を続けられる選手を
目指しましょう。

 

そうすれば50%の確率で
その目標は達成されます。

 

そうしてその確率を
さらに上げるために
努力の仕方や方法を
しっかりと考えるようにしましょう!

 

次回は努力を続ける方法を
お伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です