目標達成のポイントpart1~目標は明確にすること~


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは野球をする上で
どのような目標や夢を持って
練習をしているでしょうか?

 

例えば
小学生の頃は
プロ野球選手になるのが
目標であったり

 

中学生であれば
チームでの優勝や
憧れの高校へ進学したい
というのが目標であったり

 

また
高校生であれば
甲子園出場や
プロ野球から実際に
指名されることが目標
といったように

 

それぞれのステージで
それぞれの目標があると思います。

 

しかし、その目標
漠然とした目標に
なってはいませんか?

 

目標というものは
自身が目指すべき場所であり
必ず達成したものであるはずです。

 

それがただ「甲子園にいきたい」
というような漠然としたものでは
ただの「夢」で終わってしまうでしょう。

 

もし本当にその目標を
達成したいのであれば
その目標を明確にしていきましょう。

 

明確化をする時に
注意して欲しいポイントは
2つあります。

 

1つ目は
はっきりと分かる数字を入れること

 

目標を明確化するための
最初のステップとしては
まず数字を明らかにしましょう。

 

例えば
ピッチャーであれば
「速い球が投げたい」、、、

 

だけでは漠然としすぎているので
「150kmを投げる」
というように誰が見ても
はっきりと分かる数字を
示すようにしましょう。

そうすることによって
現状のあなたと目標との差も
明確になってきます。

 

あなたの今の球速が
130kmであれば
目標との差は20km
そう考えるとその20kmを
どう詰めていくのか?

このように具体的な行動が
とれるようになってくると思います。

まずは目標となる数字を
明確にしましょう。

 

2つ目は
期間をしっかりと決めること。

期間というのは
「いつまでに何をするのか?」
ということです。

これがなければ
せっかく決めた
数字も意味を持ちません。

 

つまりさっきの話でいうと
150kmを投げるのはいつなのか?
ということです。

高校3年生までに投げたいのか?
大学で投げたいのか?
または社会人になってから投げたいのか?

 

その期間によっては
今あなたがする行動も
変わってきてしまいませんか?

 

また期間がしっかりと
決まっていなければ
目標もまたぼやけてしまい
達成したいというモチベーションも
下がってしまうでしょう。

 

例えば期間を決めないと
「150kmを投げるために
体幹トレーニングを
しなければいけないけど
明日やればいいか」
となってしまうかもしれません。

しかし期間を定めると
「あと1年で150kmを投げたい
だから今日も体幹トレーニングをしよう!」
この方が目標は
達成しやすいのではないでしょうか?

ここで
メジャーリーグで
活躍する大谷選手の
有名な目標計画表を
例としてみていきましょう。

これは大谷選手のいた
花巻東高校の野球部で
使われていたシートです。

 

一年生の時に
立てたこの目標計画表を
みてみると

 

まず中心に
「ドラフト1位8球団指名」
一番大きな最終的目標が
書かれています。

 

この時点で目標の
期間と数字が明確になっています。

 

ドラフト1位指名ということは
高校3年生の秋までに
という期間を示し
さらに、8球団から指名という
具体的な数字を書いています。

 

またその目標を達成するために
必要なことが外枠に書かれています。

 

その中にも
・スピード160km
・食事夜7杯朝3杯
・FSQ90kg,RSQ130kg(筋トレ)
というように具体的な数字が記されています。

 

これがもし
・速い球を投げる
・ご飯をいっぱい食べる
・筋トレをする
だけしか書かれていなかったとしたら
今の大谷選手の
活躍もなかったかもしれませんね。

 

大谷選手は目標計画に
数字と期間を明確に示したことで
今やるべきことがはっきりとし
3年間その目標に向かって
真っ直ぐ努力をすることが
できたのでしょう。

 

あなたも
ぜひこの目標の立て方を
参考にして

目標と期間を決めて
練習に取り組んで
みましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です