体操の重要性〜パフォーマンスアップに繋げるために〜


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球に限らず
全てのスポーツをする前に
あなたがやることはなんでしょうか?

 

それはおそらく体操ではないでしょうか?

 

準備運動、準備体操を言われるように
スポーツをする前の準備として
行われています。

 

では体操をする
目的はなんでしょうか?

 

・怪我をしないため
・体を温めるため

もちろんその意味合いも
強いのですが
体操も意識や体の動かし方次第では
しっかりとしたトレーニング
することができます。

 

ですがチーム練習の
体操を見ていると
なかなかそうした意識で
体操をしている選手は少なくなっています。

しかし
逆に強いチームの体操を見ていると
ほとんどの選手が高い意識で
体操を行なっています。

この違いはみる人がみれば一目瞭然です。

 

ではどのような意識で体操を
行えばいいのでしょうか?

 

まず第一に
どこを伸ばしているのかを
意識すること

 

体操は体を動かして
体の各パーツなどを伸ばしていきます。

 

しかし腕を伸ばすための体操にも
関わらず腕が伸びていない
という選手もいます。

これでは全く意味はありません。

 

体操のメニューごとに
どこを伸ばしているのかを
しっかりと意識をし
そこが伸びるように体操をしましょう。

 

次に大切なことは
体の連動です。

 

体は繋がっています。
繋がっているということは
一箇所を伸ばそうとする時に
その伸ばしたい箇所以外にも
動くところがあるはずです。

 

その部分の動きも大切にしましょう。
腕を伸ばすときにも
腕だけを伸ばすのではなく
それに合わせて
胸のあたりや背筋も
伸ばすことで体全体が連動していきます。
そうした感覚はプレーのパフォーマンスにも
繋がってくるので大切にしましょう。

 

最後は正しい形で
メニューを行うこと
これはただなんとなく体操を
行うのではなく
どのような姿勢でどのように
体操を行うのかということです。

 

やり方によっては
全く別の体操になってしまうので
正しい形で体操を行うことを
心がけましょう。

 

一つ例をあげてみます。

屈伸

当たり前のように行う
この屈伸ですが
しっかりとできていますか?

 

正しい形は
・膝を閉じ
・足を揃え
・かかとを浮かさない

 

このポイントを
守ってしっかりとやってみましょう。

そうして
悪い形である
・膝を開き
・足を広げ
・かかとを浮かせて
屈伸をしてみてください。

ストレッチされている
ところが変わってくるのではないでしょうか?

 

ぜひその違いを確かめて
体操の重要性を理解してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です