守備の基本練習〜動画付き〜


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日は守備の基本ということで
ボールへの入り方を
3ステップで
お伝えしていきました。
(守備の基本3ステップはステップ1はこちらから)

 

今回はその他の基本練習を
お伝えしていきます。

 

まず最初は
ゴロをしっかりと両手で
捕球して行く練習です。

 

両手で捕球する
ということは内野手であっても
外野手であっても基本中の基本であり
同時に高度な技術でもあります。

 

両手捕球をする
メリットは大きく2つあります。

 

1つ目は
グローブにボールが当たった
瞬間に逆の手でフタをするように
ボールを抑えることで
グローブでボールを弾いてしまった時に
ミスを防ぐことができます。

 

片手だけで捕球にいってしまうと
ボールはこぼれてエラーをしてしまいますが
両手で捕球に行くことによって
多少ボールをグローブで弾いても
確実に捕球をすることができます。

 

2つ目のメリットは
両手で捕球することによって
送球への持ち変えが
格段に速くなることです。

 

片手で捕球をしてしまうと
捕球するためにはグローブで
強くボールを握らなければいけません

 

しかしそれではグローブから
反対の手にボールを握り変える時に
時間がかかってしまうだけでなく
持ち替えによるミスが生まれてしまいます。

 

ですが
両手で捕球をしていれば
グローブでボールを握る必要はなく
ボールをグローブに軽く当てて
反対の手でボールを掴むことができます。

 

それにより
持ち替えによるミスを心配する
必要はなくなり
さらに持ち替えのスピードも
速くなっていきます。

 

ここで注意をして欲しいのは
両手捕球だからといって
グローブと反対の手を
グローブの後ろに添えないことです。

 

これはでは全く両手捕球の
意味がないので注意しましょう。

 

参考動画です↓

こちらの動画のように
ボールがグローブに
収まった瞬間に反対の手で
ボールを抑えてすぐに持ち替えを
するようにしていきましょう。

次に低い姿勢を
維持したままステップを
行う練習をお伝えしていきます。

 

内野手は常に低い姿勢で
ボールに入って行くことが
求められます。

 

しかしどうしても
ボールを追って行く時に
腰が浮いてしまったり
ステップがうまく踏めなくなって
しまうことがあります。

 

これを解消して行くためには
何回も反復練習をして
体に動きを覚え込ませて行くことが
必要です。

 

ボールを中心に
円を描き
その周りを
左回り→右回りと
低い姿勢のまま
ステップを踏んで回ってみましょう。

参考動画↓

この時の意識としては
低い姿勢を保つことは
もちろんですが
毎回のステップごとに
中心に置いてあるボールを
捕球するつもりで
ステップを踏むようにしましょう。

そうすることで
ボールへの最後のステップの入り方や
ボールの見方がわかってくるはずです。

 

レベルが上がってくれば
スピードをあげてみたり
回る回数を増やしたり
チームメイトとタイムを競争してみるのも
いいかもしれません。

 

ぜひ練習メニューの参考に
してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です