ピッチャーの成長を止める落とし穴は〇〇


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球の試合の勝敗は
8割以上がピッチャー次第で決まると
言われるほど
ピッチャーというポジションは
重要なポジションであり
それだけ責任の重いポジションでもあります。

 

やはり野球をやる以上は
誰もが試合に勝ちたいと思っているので
ピッチャーも試合に勝つためのピッチングが
求められます。

・コントロール
・変化球
・緩急
・球速

それらを駆使して
相手を抑えようとするのですが
実はここに落とし穴があるのです。

 

 

あなたは目の前の試合に
勝つ為に変化球ばかりを
投げてしまってはいませんか?

 

 

変化球はストレートとは違い
ボールに動きがあるので
一般的にはバッターにとっては
打ちづらいボールです。

 

しかし、
それは良いストレートが
あってこその話です。

速いストレートを持っていて
それに対応しようとバッターが
タイミングを早く取ろうとしたところに
変化球を投げる

 

だからこそバッターは
タイミングが合わずに
打ち損じや空振りをするのです。

 

 

レベルが低ければ
ある程度の真っ直ぐと
2種類ぐらいの変化球が
あれば相手を抑えることが
できるかもしれません。

 

しかし、レベルが上がれば上がるほど
ストレートが遅ければ
変化球との球速差が小さい為
簡単に打ち返されてしまうでしょう。

 

 

もちろん変化球を投げなければ
相手を抑えるのは難しいのですが
ある程度のレベルであれば
ストレートだけで勝負ができる
ピッチャーでなければいけません。

それでも
最初に話した通り
試合をやる以上は
目の前の試合に勝ちたいと思うのは
選手だけでなく監督コーチも同じことです。
どうしても変化球に頼ったピッチングを
選択してしまうのです。

 

それは練習でも同じです。
目の前の試合に勝つ為に
変化球の練習ばかりを
してしまってはいませんか?

 

 

変化球はストレートに比べれば
腕の振りは遅いので
それでは腕の振りの遅い
練習ばかりになってしまいます。

 

それではいつまでたっても
ストレートに磨きはかかりません。

 

 

一つ一つの試合の勝敗にこだわることは
大切なことです。

しかし長い目で見たとき
このように落とし穴にハマってしまうのです。
その落とし穴にハマっている以上
あなたはピッチャーとして
上に上がってくることは
難しいでしょう。

 

あなたがもし本当に
ピッチャーとして活躍したい
チームを勝利に導きたいと
本気で思うのであれば
この落とし穴から這い上がって
来なければいけません。

 

その方法は簡単です。
ますは目の前の勝敗を捨ててでも
ストレートを磨き上げてください。

 

ストレート一本だとわかっていても
打たれないぐらいの
ストレートを投げることができれば
そこからいくらでも変化球を練習することが
できます。

 

むしろストレートの球速が上がれば上がるほど
変化球の変化量も大きくなっていくものです。

 

目指したい球速は
中学生であれば125Km〜130km
高校生であれば最低限130km〜140km
何も150kmを投げろとは言いません。

 

プロ野球選手でも
130km台のストレートに
緩急やコントロール
そしてボールのキレで
勝負ができるピッチャーは
いくらでもいます。

しかしこれが120km台のストレートでは
いくらコントロールがよくても
いくらキレが良くても
バッターを打ち取ることはできないでしょう。

あなたもまずは
変化球を一度捨てて
ストレートに磨きをかけてみませんか?

 

高校生に行ったピッチングセミナーの
ダイジェスト版です。
フルバージョンの視聴はこちらより詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です