内野手1歩目のスタートに必要な3つのポイント


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

内野手のあなた!
守備をしていく中で

 

「あと一歩でボールが捕れた」
もしくは
「グラブにかすったが捕球ができなかった」
という経験ありませんか?

 

こうしたケースは
よくあることですが
「しょうがない」
で終わらせていないでしょうか?
足が遅いからと諦めてしまっては
いないでしょうか?

 

実はこのあと一歩は
足が遅い選手でも
改善していくことができるのです!

 

それは
守備における
一歩目の速さです。

 

この一歩目を早くしていくだけで
なんと守備範囲は
1〜2メートル
変わっていきます。

 

ではどうしたら一歩目が早くなるのか

 

ポイントは3つあります。
一つ目のポイントはバッターです。

バッターは
それぞれ独自のフォームを
持っています。
同じように見えても野球をしている
あなたなら
わかる通り
少しずつフォームには違いがあります。

 

そのフォームによって
打球が
どちらに飛びやすいのかを
判断していきましょう。

 

「このスイングなら
こっちの方に
打球が飛びやすいな」

 

そうした判断は
最初のうちは
難しいかもしれませんが
何事も経験です。

 

ただ打ってきた打球を捕球するのではなく
このフォームなら
「どちらにボールが飛んでくるのだろう」

常に考えていきましょう。

 

そうした経験を積むことで
ポジションニングが良くなっていきます。
メジャーリーグでよくみられる
大胆なシフトとまではいきませんが
ある程度予測がつけば
今まで届かなかった
一歩、二歩を埋めることができます。

 

二つ目は
ボールに当たる瞬間です。
この瞬間に一歩目を
踏み出さなければなりません
しかしながら
体は止まった状態からは
急には動けません。

 

ですのでこのインパクトの瞬間に
体を動かしやすくする為に
軽くその場でジャンプをしましょう。
ジャンプのタイミングは
着地と
インパクトの瞬間を合わせます。

そうすることで
足の筋肉が刺激され
反射的に一歩目を速くすることが
できるようになります。
これは今すぐにでも実践できる
テクニックですので
内野手の方は
試してみましょう。

 

最後のポイントは
バッターがスイングを
始める瞬間です。

 

ピッチャーがインコースに
投げ
早いタイミングで振り始めたとすると
打球は当然引っ張った
方向に飛んでいきます。

 

逆に振り遅れれば
うまく引っ張りきれずに
センターから逆方向に
ボールは
飛んでいきます。

 

この判断をピッチャーが
投げてからスイングする瞬間に
瞬時に行い
一歩ステップを
してみましょう。
この判断は難しいように見えて
意外と簡単です。

 

あなたもノックの際に
ノッカーが振り出す瞬間
打つ方向を
予測して一歩目を
踏み出したことがありませんか?
あれがまさに打球予測による一歩目です。

 

バットの振り出しの
タイミングと
トスをした
ボールの位置で
打球方向は予測できるのです。

 

ここで注意をしなければいけないのが
ピッチャーが投げる前に
動き出さないことです。

 

キャッチャーがインコースに
構えているからといって
「こっちに来そうだ」
とポジショニングを
変えてしまうと
そのポジションによって
アウトコースかインコースか
どっちがくるかを
相手に
教えてしまっているようなものです。

 

なので踏み出しは投げた後
スイングを開始してから
行っていきましょう。

 

この3つのポイントを
しっかりと
マスターすることで
完璧な1歩目を踏み出し
今まで取れなかった
あと一歩を作り出して見ませんか?

 

そうすれば今まで
ダイビングキャッチで捕っていた
打球も簡単に正面で捕ることができるように
なるかもしれません。

 

本当のファインプレーとは
ダイビングキャッチなどの
派手なプレーではなく
こうした本当なら難しいはずの打球を
簡単にさばいてみせることです!

 

ぜひあなたも実践してみてください!

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です