走塁の意識が試合を大きく左右する


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球において
一番おろそかにされやすい
技術が「走塁」です。

 

ですがこの走塁をおろそかにしてしまうと
知らず知らずのうちに敗戦の原因
作ってしまうことにつながってしまいます。

きわどいクロスプレーでのタッチアウト

 

あなたも経験したことや
見たことがありませんか?

 

もしかしたら外野からの送球や
内野手の中継が
上手かったのかもしれません。

 

ですがそれで仕方がない
とはならないのです。

その時のランナーの
・リード
・スタート
・走り方
・ベースランニング

このどれかひとつを完璧に
もしくは全部を少しずつ改善していれば

 

どんなに
良い送球や連携があったとしても
アウトになることはなく
場合によっては
クロスプレーにもなっていなかった
はずなのです。

 

ですがその原因を
相手のプレーがよかったせいにしてみたり
足が遅かったことが
原因だとしてしまったりすることが
よくあるのです。

 

ほんの少しの意識の違い
走塁の技術は上がっていきます。

 

これはバッティングや守備を
鍛えるよりも簡単なことです。

 

もちろん走塁を極めるとなると
並大抵の努力ではありませんが

 

ほとんどの選手が
おろそかにしているからこそ
少しの意識改革で
大きく結果を変えることができるのです。

 

先ほどのクロスプレーで考えると
アウトになった場合は
一つアウトが増えて
得点も入りません。

ですがもし意識を変えて
セーフにすることができれば
1点が入るだけでなく
さらにアウトカウントも
増えないのです。

 

これは試合の流れを
大きく左右するとは
思いませんか?

 

ヒットを打つだけでは得点は
生まれませんが
走塁はそのまま
得点につながる技術です。

 

足の速さだけで走塁のすべてを
片づけてしまわずに
ぜひ覚えるべき技術として
あなたも考え直して見ませんか?

 

チーム全体にその意識が伝われば
必ず得点力は上がっていくでしょう。

 

ぜひ実践してみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です