ピッチングフォームで気をつけたい姿勢とは?



こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ピッチャーのあなたへ

球速が上がらないと
悩んではいませんか?

ピッチャーとしては
何よりもまず球速を上げること
求めていきたいところだと思います!

 

しかし、どうやって球速を
上げていけばいいのか?
ということは意外と知られてはいません。

 

ただランニングを増やせばいいのか?
投げ込みをすればいいのか?

 

もちろんランニングやピッチング練習も
大切ですが
それだけではいけません。

 

「じゃあどうすればいいの?」
と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

そんなあなたにまず
チェックしていただきたい
ポイントを
お伝えしていきます。

 

まずチェックしていただきたいのが

体の姿勢です。

この姿勢によっては
大幅に力をロスしてしまい
ボールに力が伝わらない状態
なってしまうの可能性があるのです。

 

その姿勢というは
体が背中側に反ってしまっている
姿勢です。

このような姿勢を取ってしまうと
地面からの反力をもらうことができずに
足の踏ん張りがきかない状態になってしまいます。

 

ではどうしたらいいのか?

その答えは
骨盤にあります。

 

体が反った状態というのは
骨盤が後傾した状態になります。

 

そうすると
投げるためには軸足の膝を
大きく曲げることになります。

 

この曲げる動作のせいで
膝がクッションのような役割を
果たしてしまい
力が抜けてしまうのです。

 

ですので
力強い球を投げるためには
骨盤を前傾させましょう。

そうすることで
膝ではなく股関節
に地面からの力がたまって

 

上半身に力が伝わり
ボールに力が伝わっていくのです。

 

ポイントとしては
正面からフォームを観たとき
軸足のつま先よりも
膝が前に出るほど曲がっていないか?

というところを見ていただきたいと思います。

 

感覚が分からない方は
椅子に手を使わずに座るってみると
いいかもしれません。

 

座る直前に上からつま先を見てみましょう。
おそらく膝でつま先が隠れることなく
しっかりとつま先が見えるはずです。
それがつま先よりも膝が前に出ていない状態です。

 

そうした状態の時
骨盤は前傾をしやすくなるので
ぜひ試してみましょう!

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です