なぜ『大ファール』で終わってしまうのか?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

こんな経験はありませんか?

思いっきりバットにジャストミートして
飛距離が出たのにボールが
ファールゾーンへと切れてしまった、、、

 

ホームラン性の当たりが
ファールになってしまうと
「もったいない」
誰もが思うことと思います。

 

しかし
もったいないだけで
簡単に済ませてしまってはいませんか?

 

運が悪かったと
それだけで
済ませてしまうことが
一番もったいないことなのです。

 

ファールになってしまうことには
必ず原因があります。

 

それを理解しなければ
あなたはいつまでたっても
ホームランを打つことができず
大ファール止まりになってしまう
かもしれません!

 

ではその原因は
どこにあるのでしょうか?

 

ここでまずあなたに
考えていただきたいのは
ファールになるのは物理的に
どのような状況かということです。

 

ファールになる物理的な原因というのは
インパクトの瞬間のボールに対する
バットの角度が関係しています。

 

ボールに対して
バットが
垂直に当たった時
ボールは
センターに飛んでいきます。


逆にヘッドが前に出た形で
ボールに当たると打球は
引っ張った方向に飛んでいきます。

 

このヘッドの角度がつきすぎてしまうと
打球はファールになってしまいます。

つまりファールにさせない為には
この角度を抑える必要があるのです。

 

では今度はどうしたらインパクトの瞬間に
ヘッドの角度を
抑えることができるかを
考えてみましょう。

 

インパクトの時にヘッドの角度が
つくということは
バットのヘッドの
回ってくる軌道が遠回りをしている
ということです。

 

ヘッドの軌道が遠回りをしてくるため
インパクトの瞬間にヘッドが前に出すぎてしまい
角度がつきファールになってしまうのです。

 

ここから
さらに原因を突き詰めて考えていきます。

 

ではなぜバットが
遠回りしてきてしまうのでしょうか?
その原因は
後ろの腕にあります。

 

この後ろの腕は
基本的には
スイングの開始と同時に
体に引きつけていくことが必要です。

 

そうすることで
バットが遠回りせずに
体の回転に沿って
スイングをすることができます。

 

しかしこの後ろの腕が
最初の段階や
早い段階で
体から離れてしまうと
バットは遠回りをしていくので
ヘッドの軌道は大きな円を描いて
角度がついてしまいます。

その結果
インパクトの瞬間にボールに対して
角度が
つきすぎてしまい
良い当たりでも
ファールになってしまうのです。

 

ですので
ファールにしない為には
後ろの腕をなるべく体に引きつけて
ヘッドの返りをギリギリまで抑えて
スイングをしていくことが必要なのです。

 

そうすることで
今までファールになっていた
打球が
フェアゾーンに飛ぶようになっていき
打率もホームラン数も伸びていくでしょう。

 

ぜひあなたも
練習から実践してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です