雨の日の試合を想定して、、、


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは
雨の日
野球をしたことがありますか?

 

野球というスポーツは
基本的には屋外スポーツのため
雨が降れば試合を行うことはできません!

 

ですが、多少の雨であれば
試合はそのまま続行されます。

 

特に夏の大会期間中は
大会の進行に遅れが出ないように
少し雨が降ったぐらいでは
中止にはなりません。

 

その時の準備を
あなたはできていますか?

 

雨が降っている状況も
想定に入れておかなければ
思わぬところで
足元を
すくわれてしまいます。

 

雨が振ることにより
考えられる影響は
いくつかありますが
まず考えられるのは
グラウンドのコンディションです。

雨が降りグラウンドが
水を含むことで
柔らかくなってしまいます。

 

そうすると今までスパイクで
しっかりと
踏ん張れていた地面も
踏ん張りがきかなくなり
力は
発揮しづらくなってしまいます。

 

これはバッターにもピッチャーにも
共通することです。

 

バッターはバッティングの際に
足をステップして
下半身を
踏ん張ることで
下半身を固定し
上半身と
連動をしていきます。

 

ですが下半身の踏ん張りが
効かなければ
上手く上半身に力を
伝えることは
できないでしょう。

 

またピッチャーも
足をあげて踏み出した足を
固定することで
上半身をひねっていきますが
足を固定できなければ
上半身に力は
伝わりません。

 

もちろんこれは相手チームの選手も
同じ条件になるのですが
実はそこに差が生まれることも
あるのです。

 

つまり下半身が踏ん張りにくい状況下で
力を発揮できる選手と
できない選手が
いるのです。

 

まず力を発揮できない選手というのは
下半身と上半身の力の使い方の
バランスが悪い選手です。

 

多くの選手がこれに該当してしまうのですが
上半身の方が意識的にコントロールが
しやすいため上半身に力が入ってしまいます。

 

そのため土台である下半身よりも
上半身に力をかけてしまうためバランスが
悪くなり
下半身が上半身に振り回されて
動作をスムーズに
行うことが
できなくなってしまうのです。

 

逆に下半身が踏ん張れなくても
力をある程度発揮できる選手は
下半身と上半身の力の使い方が
とても上手です。

 

下半身が踏ん張れる
範囲内で
上半身に力を
かけるので
バランスを崩すことなく
完璧に力は発揮できないまでも
ある程度しっかりとした動作を
行うことができるのです。

 

もちろんグラウンドのコンディションが
良くてもバランスよく力を
使うことが
できる選手の方が
パフォーマンスは
良くなっていきます。

 

是非あなたも
雨の試合を
想定して
練習を行ってみてください!

 

そうすることで雨が降っていない
状況下での
パフォーマンスを上げることにも
繋がっていきますよ!

 

PS,ピッチングセミナー
ダイジェスト版第3弾です1
フルバージョンの視聴はこちらより詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です