ランニングスローは必要・不必要?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ランニングスローと聞いて
あなたは何を考えますか?

 

最近では日本の野球における
ランニングスローに対する
マイナスイメージ
少なくなってきてはいますが

 

依然としてランニングスローを
する選手に対する抵抗が
ある指導者の方も多いのでは?

 

少年野球などでも
ランニングスローをした選手に
対してランニングスローを
禁止する指導をすることが
まだまだ起きていると思います。

 

結論から話すと
ランニングスローは
絶対に必要な技術です。

 

この考え方に対して誤解を与えないように
先にお話しをすると
このランニングスローは
ケースによって使い分けることが
重要だと私は考えています。

ケースによっては
ランニングスローをすることが
いけないケースもありますし
ランニングスローを選択した方が
良いケースも存在します。

つまりその使い分けを理解させた上で
ランニングスローを練習していく
ことが大切なのです。

 

その為にまずランニングスローと
通常のスローイングの
違いを考えていきましょう。

 

ランニングスローの長所は
捕球後、短いモーション
送球をすることが出来ることです。

 

逆に欠点は送球の安定性
通常のスローイングに比べて
低いことです。

 

通常のスローイングでは
スローイングの安定性が高い
ランニングスローに比べると送球に
入るまでに時間がかかってしまうことが
欠点です。

この違いをしっかりと頭に入れ
様々なケースの打球に対して
判断を行いスローイングを
使い分けていきましょう。

 

仮に通常のスローイングの
コントロールの安定性が90%
ランニングスローの安定性が60%
とします。

 

ケース1正面に速い打球がきた時

 

このケースは打球が速いため
捕球をした瞬間では
まだまだバッターランナーも
そこまでファーストに近づいていません

 

その為しっかりと時間を使ったステップを
行なうことで90%アウトにすることができます。

 

ここでリスクを冒しランニングスローを
した場合60%の確率でアウトとなりますが
40%の確率で悪送球が出てしまいます。

 

総合的に考えると
このケースでは通常のスローイングを
選択することが正解と言えます。

 

ケース2バッターの足が速く
ボテボテの打球が正面にきた時

このケースは通常のスローイングをしても
高い確率でアウトにすることができません
ランニングスローであれば
タイミング的には間に合う状況です。

 

ここで安定性の高い通常スローイングをした所で
アウトをとることができないのであれば
リスクを冒してでも
ランニングスローに挑戦することで
60%の確率でアウトを取る可能性が生まれます。

 

こうしたケースは極端な例ですが
経験を積むことによって様々な打球に対して
どちらのスローイングを選択するのが
良いのか判断できるようになっていきます。

 

間違った選択をした時は
なぜランニングスローを選択したことが
間違っていたのかを
選手が理解することが大切です。

 

そして先程、
仮にランニングスローの
送球の安定性を60%
としましたが

 

この60%の確率を70%80%と
高めていくことで
今までセーフだった打球を
アウトにする確率を
高めていくことができるようになります。

 

その為にもランニングスローの練習を
しっかりと普段から取り入れてい
行くようにしていきましょう。

 

大切なのは状況判断による
スローイングの選択と
その為の準備である練習です。

 

練習の為の練習ではなく
試合のあらゆる場面を想定した
練習をしていきましょう。

ピッチングセミナーフルバージョンは
こちら↓

ピッチングセミナーFull Ver.プレゼント!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です