速い球を打つための練習は〇〇?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

・速い球が打てない

・打っても飛距離が出ない

このような悩みはありませんか?

 

高いレベルになればなるほど
それに比例して
ピッチャーの
投げるボールは
速くなっていきます。

 

あなたが対戦している
同じ地区やリーグの中にも
速い球を投げるピッチャーがいると思います。

そんなピッチャーを
どのように
攻略すれば良いのでしょうか?

 

速いピッチャーと対戦することが
分かっていると
その対策として
ついついやってしまうのが

「速い球を打つ練習」です

 

速い球で練習するのが
当たり前
じゃないのか?
と思うかもしれません。

 

ですが
このように
速い球でいきなり
バッティング練習をしてしまうと
逆にバッティングの調子を

落としてしまうことに
なりかねないのです。

 

何故ならば
どうしても速い球を打とうとすると

「つまりたくない」
「空振りしたくない」
という気持ちから
当てにいったような
スイングを
してしまうからです。

その練習を繰り返していくと
速いボールに目が慣れていくかも
しれませんが

 

スイング自体は
当てにいったような
弱いスイングになってしまうので
自分のスイングが
できなくなってしまいます。

 

結果として
変な癖がついてしまい
いざ打席に立って速い球を
打とうと思っても
タイミングも合わず
当たっても
飛距離が出ず
凡打を量産してしまい
相手バッテリーの
思う壺になってしまうのです。

 

ではどうしたら良いのでしょうか?

 

速い球を打つ時でも
遅い球を打つ時でも
大切なことはまず
「自分のフォームで打つ」ことです。

まずは自分が持っている
最高のスイングが
できなければ
相手と勝負することはできません。

 

相手に合わせてバッティングを
変えすぎてしまっては
ピッチャーの数だけ
バッティングフォームを
変えなければ
いけなくなってしまいます。

 

そんなことをしてしまっては
とてもじゃないですが
安定して成績を
残すことは難しいですよね?

 

だからこそまずは
どんなピッチャーがきても
対応できるような
効率の良いフォームを
練習していきましょう。

 

その自分のフォームを
確認したり修正したり
向上させていくために
やっていただきたいのが

スローボールを打つ練習です。

 

速い球での練習は
ボール自体に
力があるので
当てただけでも
よく飛んでいってしまい
良いバッティングを
しているという
錯覚に陥ってしまいます。

 

金属バットなどでは
特に錯覚を起こしやすいです。

ですが
スローボールは
当てただけではボールは
外野まで簡単には飛びません。

 

自分のスイングの本当の力が試されます。
思いっきり当たっても
打球に飛距離が出ない選手は
まだまだスイングに無駄があったり
余分な力が入っているかもしれません。

 

遅いボールにミートできない選手は
無駄な動作があり
振り出しが
遅れてしまっているかも
しれません。

 

打球がドライブ回転してしまう選手は
スイングの軌道が悪いのかもしれません。

 

このようにスローボールを
打つことで
自分のスイングが
打球に現れてきます。

友だち追加

そこからは
自分で試行錯誤をして
どのようにしたら
遅い球を
正確に遠くに
飛ばせるのかを
考えてみましょう。

 

その積み重ねをすることで
効率の良い無駄のないスイングが
作られていきます。

 

もちろん実戦では
全て
自分の思うようなスイングを
することはできません。
ですが自分の持っている
スイングの力を上げていくことが
速い球を打つためには
必要です!

 

もし今
速い球が打てずに
悩んでいるのであれば
まずは相手のことではなく
自分のフォームを
スローボールを打つことで
見つめ直してみてはいかがでしょうか?

 

きっと新たな発見があるはずです!

練習方法公開中!!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です