フォーム改善!必ず気をつけたいこと



こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたはフォームを変えた
経験
がありますか?

 

フォームを変えるということは
とても勇気のいることです.

 

しかし
現状のフォームで
打率が低く
打てていない

 

もしくはコントロールが悪く
球速が上がらないなど
現状のパフォーマンスに
満足していないのであれば
その原因となるフォームの
修正に
挑んでいく必要があります。

しかしフォーム変更をする時
フォームを変えたことにより
自分自身の感覚に違和感が生じ
すぐにやり慣れている元のフォームに
戻してしまうということがよくあります。

 

これでは本末転倒です。
パフォーマンスを上げたくて
フォームを変える
しかし、しっくりいかず
元に戻す

 

これではいつまでたっても
上達できず成長は止まってしまいます。

 

大切なことは
「成果をすぐに求めない」ことです。
フォームを変えた時に
・ミート率が下がる
・コントロールが乱れる
これは当たり前のことです!

 

もちろん
いきなり成果が付いてくることも
ありますが
今までと違うフォームで
打っている・投げている
となれば結果が変わるのは当然です。

 

しかし
このパフォーマンスが
落ちるというのは
一時的なものです。

 

その打ち方、投げ方に
体が付いてくるようになれば
一時的に落ちたパフォーマンスは
戻っていき変えたフォームが
自分にあったものであれば
今までよりもパフォーマンスは
必ず上がっていきます。

 

多くの選手が
この成果が
出るまでの違和感や
パフォーマンスの一時的な低下に
耐えきれずに
フォームの変更を
諦めてしまいます。

もちろん、
フォームを変えたのに
いつまでたってもパフォーマンスが
落ちたままの状態が続いていたり
今まで持っていた自分の良さまで
無くしてしまったりした時には
思いっきって元のフォームに戻してみましょう。
戻してしまっても
その取り組みは
無駄だったと
思うことはありません。

 

何もやらずに
何かを得ることはありません。

 

フォームを変えるにあたり
この方法はダメだった
という
経験も大切にしていきましょう。

 

そうした試行錯誤を
繰り返していくことが
パフォーマンスの向上には必要です。
フォームを変えた瞬間に
パフォーマンスが
格段に良くなったとしても
この試行錯誤をやめてはいけません。

 

どうやったらもっと
打球が飛ぶのか
速い球が投げられるのか
常に考え続け
微調整を続けましょう。

 

当然パフォーマンスを上げるのは
フォームだけではありませんが
現状の自分に満足しておらず
フォーム
改善に取り組もうとしているのであれば
一つ参考にして見てはいかがでしょうか。

もしどんなフォームにしたらいいのか
悩んでいる方は
ぜひご連絡ください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です