ヘッドスライディングは本当にすべき?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

通常のスライディングとは違い頭から手を伸ばしてスライディングすることをヘッドスライディングと言います。高校野球などでよく目にしますがプロの世界でもヘッドスライディングをする選手を見かけます。このヘッドスライディングはすべきかすべきでないかよく議論に上がりますが実際どうなのでしょうか?

一昔前から一塁へはヘッドスライディングをするより、実は駆け抜けて方が速いということが言われていました。しかし最近の研究ではヘッドスライディングの方が速いという結果が出たようです。その為本当にアウトになるかセーフになるか際どい時はヘッドスライディングをした方が良いということになりそうですが実はそうではないと私は考えています。

その理由としてはヘッドスライディングによる怪我のリスクを無視できないからです。一塁ランナーの帰塁ではほとんどの選手がヘッドスライディングを行いますが、これは静態した状態からのヘッドスライディングのため普通に行えば怪我をする心配はありません。しかしバッターランナーが一塁へ向けてヘッドスライディングを行う場合など次の塁を狙うためのヘッドスライディングは全力疾走の勢いでそのまま頭から突っ込んでいきます。これにより指の怪我や顔のけがのリスクがかなり高まります。イチロー選手は走塁の際、帰塁以外でほとんどヘッドスライディングを行いませんでした。また守備でもスライディングキャッチはしますが頭からのダイビングキャッチは行いませんでした。その理由はその打球をアウトにすることよりも怪我で長期離脱してチームに迷惑をかけることを恐れたためとされています。
またヘッドスライディングの方が速いといってもヘッドスライディングをやったことがない人はそのやり方によっては遅くなることもありえます。おそらくヘッドスライディングの方が速くなるのはヘッドスライディングが上手い選手に限られます。

そこで行なって欲しいことがヘッドスライディングの練習です。最初のうちは芝生の上など怪我のリスクが少ないところでゆっくり練習を行い徐々にスピードを上げて練習をしていきます。これによりヘッドスライディングが上手くなり速さと安全性を高めることができるでしょう。多くの選手は練習をせずに試合の興奮状態に流されて勢いで初めてヘッドスライディングを行なってしまうことで怪我をしてしまいます。もちろん全てヘッドスライディングをする必要はありませんが試合でヘッドスライディングをする可能性があるのであれば最低限の練習はしておきましょう。

ヘッドスライディングによる手の怪我が多発しています。怪我から身を守るためには
こちらのミットをお勧めいたします↓



あなたの野球能力は全国何位?

◯個人のレベルアップに
身長や体重、球速やスイングスピード
さらにはプレー動画のリンクなどの選手情報を登録することで全国の平均値とあなたの能力を比較することができ長所や短所を知ることができます

◯チームで活用
チームで登録すればチーム内順位も表示することが可能
チーム内競争を高めるためにご活用してください

◯システムは無料
今すぐ登録をしてあなたの実力を野球界にアピールしよう!