2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜野手編①〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は今年のドラフトで指名された
注目の投手の気になるフォームについて
解説をしていきました。
今回は打者篇をお伝えしていきます。

まずは中日1位指名の
石川選手です。

石川選手は投手としても
今年の選抜で優勝投手となりましたが
プロでの評価は打者としての評価であり
中日は内野手として石川選手を育てる
つもりでしょう。

石川選手は
日本代表としてU18のワールドカップで
4番を務め木製バットへの対応も問題なく
大活躍をしました。

その要因としてあげられるのは
上半身の使い方のうまさです。
非常に使い方が柔らかく
またバットがしっかりと内側から
出るのでインコースもうまく
さばくことができており
高打率と長打を残すことができていました。

気になる点は下半身です。
骨盤の前傾はある程度できていますが
やや甘いところもあり
インコースにプロ野球選手の
キレの良い直球を投げ込まれると
初めのうちは苦戦しそうです。

また同様に低めに対しても
上半身主導で動き出してしまうため
バットの出が早く
鋭いボール球の変化球に対して
バットが止まらない可能性があります。

さらにタイミングの取り方が
やや悪く高校生のボールであれば
持ち前のスイングの力から
対応することができていますが
プロの球となると多彩な変化球に
タイミングが合わず苦戦しそうです。

ただし高校生としては現段階で
過去の選手と比べても
高いレベルにあるので
近い将来主軸を打つ選手となることでしょう。

昨年のドラフト1位根尾選手との
3、4番が実現すると思うととても
楽しみですね。

続いて阪神に指名された
井上選手。

井上選手は履正社の4番打者として
今年の夏全国制覇を成し遂げました。
甲子園の決勝では星稜高校の
奥川投手から見事な逆転ホームランを
放っており勝負強さも兼ね備えた
期待の長距離砲です。

井上選手については以前も少し触れましたが
フォームとしては下半身の使い方や
骨盤の使い方にチェックポイントがあります。

プロのトップ選手と比べて
骨盤の前傾が不十分であり
インコースに苦戦しそうです。
腕の長さはあるのでおそらく
投手からすればアウトコースは
注意が必要ですが
インコースを厳しく攻めて
ファールを打たせて
アウトコースに逃げていく変化球を
投げていればおそらく抑えられて
しまうでしょう。

しかし長身で体格も良く動きも
良いので時間をかけてフォームを
磨き上げていくことができれば
十分に期待が持てる選手だと思います。

続いて広島2位指名の宇草選手です。
宇草選手は法政大学の1番バッターとして活躍する
俊足と長打力を兼ね備えた左バッターです。
日本代表としても一番バッターとして
好成績を残しました。

俊足でアベレージが残せるだけではなく
ホームランを打つ力を持っているのが
とても魅力的なバッターです。
それを可能にしているのは
細身ながらも体の芯の力が強いことと
左手のリストの返しがとても強いことです。

こうした足の速さや体の強さやリストの強さは
なかなか教えることは難しく
天性のものでもあるので広島が
高い順位で指名したことにも頷けます。

フォーム的に見るとすり足気味の
ステップからボールをギリギリまで引きつけて
打つことができるのが特徴的です。
(それを可能にしているのがリストの強さです)
ただ気になるのはフォームを始動する時に
一旦前足を後ろ足の方に引いてきて
そこから一気に踏み出していく点です。

宇草選手は下級生のうちは
タイミングなどに苦しみ
今のフォームに変えたことで成功をした
そうですが、
通常であればこの打ち方をすると
体が突っ込みやすくなり
また軸足の股関節に体重が乗っている時間が
短くなるためタイミングを取ることが
難しくなってしまいます。

プロ野球のトップレベルの選手を見ると
やはり打てる選手ほど軸足の股関節に
体重が乗っている時間が長く
ここでストレートや変化球への
タイミングを図っています。

また骨盤の前傾がやや甘く
タイミングが合わないときは一塁側に
体が倒れてしまうことも気になります。
しかしとてもボディバランスに優れているようで
倒れた体勢からも逆方向に器用にヒットを
打てていますがプロの左投手のスライダー
などで攻められた時に上手く対応できるかが
ポイントになりそうです。

フォームに特徴はありますが
独特なフォームのため周囲に批判されつつも
大活躍をする選手もたくさんいるので
是非とも独自のスタイルを貫いて欲しいと
思います。

次回は同じく法政大学の
福田選手についてです。

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

燃え尽き症候群の予備軍になってはいませんか?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは燃え尽き症候群
という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

燃え尽き症候群とは
一定の生き方や関心に対して
献身的に努力した結果思うような結果が
出ないことによる徒労感や欲求不満
または目標を達成した後に訪れる
虚脱感などのことをさします。

スポーツの世界では
大きな大会に望んだあと
例えばオリンピック後に達成感により
目標を見失ってしまったり
野球であれば甲子園を優勝して
満足し野球への関心を無くしてしまったり
ということが当てはまります。

実際に私も大学生の頃
チームの雰囲気が燃え尽き症候群に
陥っていると感じることがありました。
それは大学1年生の頃です。

私が法政大学に入学した当時
なんと投手陣には150kmを
超える速球を投げる投手が4名おり
さらにそれとは別にのちに
プロ野球選手となった投手が
2名いました。

さらに打撃陣も日本代表クラスの
バッターが数名並んでおり
圧倒的な打力と投手力で
春の東京六大学リーグを
10勝1敗制しました。

そしてその後に行われた
全日本大学野球選手権でも
連勝を続け法政大学としては
通算8度目で全国最多の優勝記録を
更新することになりました。

私は入学から間も無く
日本一の実感が湧かなかったのですが
その中でもやはりチームとして
六大学優勝そして日本一を
目指していたことは理解していたので
特に3,4年生の達成感や充実感は
一年生のも伝わってきました。

その後優勝パレードや祝賀会などが
行われたのですが
2ヶ月もすれば次は秋季リーグが始まる
ため通常の練習やオープン戦が
すぐに再開されました。

しかし、いざ練習が再開されると
春先に見た緊張感や鬼気迫るチームの
雰囲気は影を潜めてしまいました。

もちろんチームとしては
春秋のリーグ連覇を目指してはいましたが
なかなかチームとして浮き足立った雰囲気を
変えることができず
秋季リーグは優勝争いはしたものの
リーグ3位という結果に終わってしまいました。

今思えばこの時に起こったのがまさに
燃え尽き症候群であったのではないでしょうか?

日本一という最大の目標を達成してしまったことで
目標を失いその虚脱感から練習に身が入らず
試合でも結果が出せないまま
終わってしまったように思います。

こうした燃え尽き症候群は
高校野球や大学野球という
大きな舞台だけだと思ってはいませんか?
実はこうした燃え尽き症候群は
小学生や中学生でも起こりうることなのです。

その危険性について
次回はお伝えしていきます。

20分後に記憶は〇〇%失われる

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

人はとても忘れやすい
生き物です。
覚えたつもりになっていても
少し時間が立ってしまうと
そのことを簡単に忘れてしまいます。

しかしもし仮に記憶を保つ方法が
あるとすればどうでしょうか?
監督やコーチに言われたこと
試合で失敗してしまったこと
新たに覚えた感覚
それら全てを覚えておくことが
できるので成長は早くなることでしょう。

実はこの記憶するという
能力は才能ではなく
あるテクニックが重要なのです。

そのテクニックさえ知っていれば
誰でも簡単に記憶力を
保つことができるのです。

20分後には42%忘れている

人間がどのようなペースで
記憶を失っていくのか
それは科学的に研究が
行われています。

そのペースはまず20分後に
言われたことの42%を失ってしまいます。
つまり20分後には約半分の58%しか
頭に残っていない状態になってしまうのです。

そうしてそのままにしておくと
一日、一週間、一ヶ月
と経つうちにほとんどの記憶を
失ってしまうのです。

このようにして段階的に
失われていく記憶は短期記憶と言われます。
短期記憶は脳が必要のないものと
判断しているのですぐに忘れてしまいます。
反対に必要のあるものと脳が判断すれば
短期記憶から長期記憶へと行こうし
長い間記憶を保っておくことが
できるようになります。

では脳が必要があるもの
と判断させるにはどうすれば
良いでしょうか?

それが復習です。

まず20分後の段階で1度
復習を行います。
これにより記憶は再び蘇ります。

そうしてその次は
1日後にもう1度復習を
行います。

その次は一週間後そして一ヶ月後
このようにして記憶を短期間に
復習していくことで脳は
これが必要な記憶であると判断します。
その結果長期記憶となり
忘れにくい情報=知識となります。

では普段の生活でどのように
これを使うことができるでしょうか?

そこで活用すべきなのは
野球ノートです。

野球ノートを書いている人は
多いと思いますが
書くだけで終わってしまってはいませんか?
もちろん書くという行為をすることで
まず1回目の復習が行われますが
そのままにしておけばすぐにその情報は
失われてしまいます。

野球ノートにはたくさんの大切な情報が
眠っています。
書くだけで終わりにせずに
しっかりとすぐに引き出せる
知識として保つために
書いた内容を定期的に見直すように
しておきましょう。

そうすることによって
同じ失敗を2度としなくなったり
サインミスなどをしなくなったり
することにつながるでしょう。

あなたも記憶の性質を理解し
うまく自分の知識を増やして
プレーに生かしていきましょう。

PS,この記憶法は
野球よりも勉強によく使えます。
授業を聞いてわかった気になって
終わるのではなく1日の終わりに
少し授業内容を復習するだけでも
大きく成績は変わっていくでしょう。

特殊なルール〜監督の選択権〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球のルールはとても複雑で
何年やっていても意外と知らない
ルールはたくさんあります。

以前にも意外と知られていない
ルールをご紹介しましたが
今回もその一つをご紹介したいと
思います。

インターフェアという言葉を
知っているでしょうか?
インターフェアは妨害という意味で
打撃妨害の時などに使われます。

たとえば打者がスイングをした時に
バットがキャッチャーミットに当たってしまうと
キャッチャーが打者を妨害したことになるので
打撃妨害が適用され打者が一塁へ
行くことができるというルールです。

このルールは知っている人が
多いと思いますが以下の場合は
どうすれば良いか知っていますか?

1死ランナー2.3塁
打者が打った打球がセカンドに
転がり1塁へ送球し
バッターランナーがアウトになる間に
2塁ランナーは3塁へ
3塁ランナーはホームへ生還しました。

しかしこの時実は打者のバットが
キャッチャーミットに当たっていたため
打撃妨害に当たります。

この時
走者の進塁ならびに
生還は認められるでしょうか?
それとも打撃妨害が適用され
1死満塁からのスタートとなるでしょうか?

・・・

実はこの場合
走者の進塁を優先するか
打撃妨害を適応するかは
攻撃側の監督に選択権が
生まれるのです。

つまり通常通り打撃妨害として
ランナーを満塁にすることも
バッターランナーをそのまま
セカンドゴロとし1死を捨てて
1点を取り2死3塁から
スタートさせることもできる
ということです。

おそらくこの場合
この選択権を知っていれば
1点がどうしても欲しければ
1点を取りに行くでしょう。
逆に最終回で大量得点差で
負けている場合は一死も
あげられないので
打撃妨害を選択することでしょう。

しかしこのルールを知らなかった場合
どうでしょうか?
どうしても欲しかった一点が入らずに
そのまま打撃妨害として
進められてしまうことでしょう。

1死満塁の場合チャンスではありますが
内野ゴロはダブルプレーの
可能性があるのでそれよりは
一点を確実に取りに行くことが
得策でしょう。

この監督の選択権が
生まれるのには条件があります。

安打、失策、四死球、
その他で打者走者が1塁に達し
、他の全走者も1個以上の塁を
得たとき妨害とは関係なくプレーが続けられる

つまりバッターランナーも含めて
ランナーが誰もアウトにならずに
先の塁に進んだ場合は
打撃妨害とはならずに
そのままプレーが続行されるというわけです。

今回のケースでいうと
セカンドゴロではなく
センター前ヒットであれば
打撃妨害は適用されず
そのままプレーを続けることに
なります。

かなり特殊なケースですが
知っておくとここぞという時に
役にたつかもしれませんね。

PS
近日セミナーを開催いたします。
10月2日(水)
場所セノンスポーツゼロ

杉並区周辺にお住いのかたは
ぜひご参加ください。
詳細はこちら↓

小・中学生の野球選手、保護者が「今」知っておくべきこと

野球 抑えの投手の役割とは?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は中継ぎの役割や
特徴についてお伝えしていきました。

中継ぎは
1、第2先発の役割
2、投げれを変える役割
3、ワンポイントリリーフ
の3つの役割がありそれぞれの
特徴がありました。

今回は抑え投手の特徴や
役割についてお伝えしていきます。

抑え投手はクローザーと呼ばれ
プロ野球の世界では
勝っている9回に登板し
試合を締めくくります。

特徴としては
・制球力
・空振りを取れる速球
・絶対的な変化球

これらを持っていると
抑えとしての素質があるでしょう。
ポイントは先発のように長いイニングを
投げるスタミナがいらないということです。

実際短いイニングであれば
速球が10km近く平均で上がるような
投手がプロの世界でもクローザーに
転向することが多くあります。

しかし実際に小学生から
高校野球や大学野球の場合
クローザーという役割そのものが
浸透していない為
このような素質を持った選手は
先発として使われることが多いと思います。

ですがもし
レベルの高い投手を
3枚揃えることができており
連戦の大会を勝ち抜く必要がある場合
チームとしてクローザーを作る
というのはかなり有効だと思います。

例えば
1試合目の先発が6〜7イニングを投げ
その後クローザーが2〜3イニングを抑える
そして2試合目を2人目の先発が同じく
6〜7イニングを投げ
その後クローザーが2〜3イニングを抑える

このように投手を回すことができると
戦力を大きく落とすことなく
大会を戦うことができます。

この場合
3枚の投手のレベルを上から順に
A→B→Cとすると
1試合目の先発をBの投手
2試合目の先発をCの投手
そしてクローザーをAの投手
とすることが最も有効な
投手の起用法だと思います。

なぜならばこうすることで
全ての試合で一番良い投手を起用することが
できるからです。

こうした起用法は
大学などの勝ち点制の
リーグ戦ではよく使われている
戦い方ですが
これから高校野球界も継投の流れが
進んでいけば過密日程のトーナメントを
勝ち上がっていくためには
現在の1人のエースが投げ抜くスタイルや
2枚看板やダブルエース
といったスタイルではなく
3枚の投手を用意しこのような投手の
起用法を採用してくるチームが
増えてくることでしょう。

またこうした投手の分業制が高校野球でも
進んでくると自ずとベンチ入りメンバーに
投手が多くなってきてしまいます。
そうすると現状のベンチ入りメンバー20人
もしくは18人のルールを改定し最低でも
25人のベンチ入りを認めるように
していけると良いのではないでしょうか?

金属バットの弊害

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

昨今野球界では高校野球を
はじめとしてホームラン数が
増加しています。

その要因として考えられることは
ウエイトトレーニングの効果も
あると思います。
しかし、それ以前に金属バットの性能による
影響が大きいのではないかと
言われ始めています。

実際のところ
昔に比べると
野球用品店に並ぶバットの
金額は大きく跳ね上がっており
それに比例するようにバットの
飛距離の性能も上がってきているように
思います。

その結果
バットの性能を駆使して
ホームランを打つ選手が増加する
ことに繋がっているのですが
こうした金属バットの性能に
頼ったスイングには大きな
弊害があるのです。

それは、飛びすぎてしまうことによる
打者の勘違いです。

金属バットは基本的に
高校野球まで使われますが
それ以降の大学野球や社会人野球
そしてプロ野球では木製バットが使われます。

金属バットは木製バットよりも
振りやすく弾きが良いのが特徴で
先ほどもお伝えした通り性能が格段に
上がってきています。

しかしながら木製バットはというと
木を使っているのでそこまで格段に
性能が良くなったりはしていません。

その結果
高校時代に金属バットで
ホームランを連発しており
自分をホームランバッターだと
勘違いをしてしまうと
木製バットになった時に
飛距離の違いに戸惑い
自分のバッティングを見失ってしまう
可能性があるのです。

最近ではフライボール革命
という言葉もあるように
打球に角度をつけて
飛ばすことでヒットを打つ確率を
高めるという考え方があります。

高性能な今の金属バットを用いて
このフライボール革命に乗っかれば
飛距離は上がりホームランが増えることは
間違い無いでしょう。

しかし、それが通用するのも
高校生までです。

そうした打ち方が身についた選手が
木製バットを使うようになると
一気に打球が飛ばなくなり
ホームランが外野フライに
変わってしまうでしょう。

もちろん金属バットであっても
正しいフォームでスイングをすることが
できれば木製バットでも飛距離を
出すことができギャップに苦しむことは
無いと思います。

ですが
普段から金属バットの飛距離に慣れてしまうと
正しいスイングを身につけることが
とても難しくなってしまいます。

こうした金属バットの弊害を
危惧する声はプロ野球界からも
上がっています。

おそらく近い将来は
高校野球も木製バットになるか
低反発の金属バットが使われるのではないか
と言われていますが

これから先、木製バットでの野球に
取り組むという選手は
そうした対応が取られる前から
自分のためにも金属バットに
頼らないスイングを身につけていきましょう。

金属バットに頼らない
スイングを身につけたい方は
是非一度お越しください↓

指導者が選手に一番やってはいけないこと

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球を本気でやりたいと思えば
小学生であろうと中学生であろうと
高校生であろうとチームに所属することに
なると思います。

チームには監督やコーチが
必ずいるのでそこで
選手と指導者という関係が
初めて生まれます。

指導者はそのチーム内の役割に応じて
選手へ練習の指示や
技術的な指導を行います。

そうした指導を受けて
選手たちは成長をしていくのですが
その指導方法は指導者の考え方や
選手自身の特徴や野球に取り組む
姿勢によって様々です。

ですが
そんな中でも
指導者がこれだけは
やめた方がいいということが
あります。

それは選手のやる気を下げてしまう
発言や行動です。

コーチの発言や行動だけで
やる気を無くしてしまう選手は
いらないと厳しい意見もあるかも
しれませんが
実社会においても優秀な社長や
上司の人ほど部下に対しては
何かを教えるというよりも
やる気を引き出してあげること
モチベーションを低下させないことを
重視しているようです。

もちろん野球の選手と指導者の関係は
上司と部下の関係ではありませんが
どこか近いところがあるのも確かです。

ではなぜやる気を下げてしまう
といけないのでしょうか?

それはやる気がなければ自主性は
生まれず、選手の本気で上手くなろう
という気持ちを引き出せないからです。

やる気が低くても強制的に
練習をやらせればチームは強くなる
かもしれません。
しかしそこには本当の強さは
生まれません。
また、強制的にやらせるには限界が
あります。

やる気の低い集団にきつい練習を指示
したらどうなるでしょうか?
おそらく指導者が選手の数だけいれば
問題はありませんが
指導者が少なければ
全員に目が行き届かないため
練習に手を抜いて取り組んでしまうでしょう。
また残念ながらそのような選手たちが自主練習を
するとは到底思えませんね。

ですがやる気のある集団であれば
指導者が指示を出さずとも
自ら目標達成のために
厳しいメニューを組み
さらには練習後も指導者がいない中
自主練習を続けていることでしょう。

では実際にどのような発言や行動が
選手のやる気を下げてしまうのでしょうか?





それはこの場では明言はしませんが
あえていうならば
自分が選手の立場となった時
言われてやる気が下がりそうなことは
控えるべきでしょう。

もちろん暴力などは論外ですが
それ以外にも色々なことが
あると思います。

私も気をつけてはいますが
何かを発言する前には
そうしたことを一度頭で
考えてから発言してみても
良いかもしれませんね。

PS.もちろん考え方は人それぞれなので
人によってはこれがダメだという基準が
違ってくることもあると思います。
何れにせよ選手の為だと言って
自己満足にはならないようにする必要が
ありますね。

不安定を利用する?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

安定という言葉と
不安定という言葉
あなたはどちらが良い言葉に
感じますか?

おそらく
ほとんどの方が
安定を良い意味だと
捉えていることでしょう。
しかし、野球の体の使い方においては
不安定な状態を作り出し
それをコントロールすることが
もっとも効率の良い体の
使い方ではないかと私は考えています。

例を出して考えてみましょう。
例えば投球動作において
安定した状態とはどういう状態でしょう。

一般的に考えれば
それはセットポジションなどで
両足が地面についた状態を安定と
呼ぶでしょう。

しかし、投球動作を起こすためには
ずっと安定しているわけにはいきません。
片足をあげて体の重心を投球方向へ
傾けていくと片足をあげたことで
不安定な状態になるため
体が投球方向へと傾いていきます。
この不安定な状態から倒れていく
力を利用することで効率よく
体を使うことができ速いボールを
投げることができるようになります。

逆に安定しきってしまった状態では
体重移動の力を
スムーズに使うことができず
上半身の力だけの投球となってしまうことでしょう。

もちろん不安定の状態をうまく
コントロールすることができなければ
そのまま倒れてしまうので
ボールを投げることが
できません。

つまり
効率よく体を使い
良いボールを投げるためには
不安定な状態をあえて作り出し
その上でその不安定さを
コントロールし利用することが
重要ということです。

バッティングにおいても
同じようなことが言えます。
ピッチャーのモーションに
合わせて足をあげ不安定な状態を
作り出すことで
体重移動を行なっていき
その力をバットからボールへと
伝えていきます。

ノーステップで打つ選手も
目にはわかりづらいですが
一時的に不安定な状態を作り出し
体重移動を行なってバッティングを
行なっています。

もちろん守備や走塁における
走るという動作も
片足になる瞬間があり
体を傾けてその力を使って
前へ進んでいるので
同じようなことが言えるでしょう。

ではこの不安定さをコントロールするものは
一体なんなのでしょうか?

それは足首や足の裏、または足の
指にかかっているのではないかと
私は考えています。

例えば
足首を曲げる動作(背屈)
を行うと体は前に倒れるような
形になり逆に足首を伸ばす動作(底屈)
を行うと体の重心が後ろに行き
後ろに倒れるような形になります。

また片足立ちをして
バランスを取ろうとする時
踏ん張ってバランスを取るときに
指の力をとても使います。
このとき足の裏が硬かったり
使えなかったりすると
すぐにバランスを崩してしまい
もう片方の足を地面につけて
しまうでしょう。

人間は大きな力を発揮しようとするとき
地面からしか力を引き出すことは
できません。
その接点である足部の
重要性を再認識し
パフォーマンスに活かしていきましょう。