正しいところに投げれば野手の正面に打球が飛ぶ理由


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球においてヒットとは
ホームランを除けば
グラウンドに一度打球がバウンドして
野手が一塁に送球が届く前に打者が
一塁に到達していれば成立します。

それは内野安打であっても
外野の前に落ちる安打であっても
外野の頭を越える長打であっても一緒です。

つまりどこまで飛ばすかが
重要ではなくどこに飛ばすのかが
とても重要になってくるのです。
例えばホームラン性の
フェンスギリギリの打球でも
ノーバウンドでとられてしまえばアウトですし
逆に詰まったあたりが外野と内野の間に落ちれば
どんなに弱い打球でもヒットになります。

こうしたことを考えると
外野や内野の守備位置やシフトは
とても重要な役割を担っています。
極端な話ボールが飛んでくる位置があらかじめ
わかっていれば、そこにシフトを敷くことができ
ホームランさえ打たれなければ
ノーヒットに相手を抑えることができるでしょう。

もちろんどんなに研究が進んでも
あらかじめ打球方向がわかる
ということはあり得ませんが
ある程度傾向から推測を建てることは
可能です。

では実際にどのようなことにを考慮して
シフトを敷いていけば良いでしょうか?

まず考えるべきことは
バッターの力量です。
右打ちなのか?
左打ちなのか?
前の打席ではどこに打っているのか?
スイングは遅いのか?
速いのか?
どの球種を狙っているのか?
どのようなスイング軌道なのか?

これらを観察していくと
ある程度推測が建っていきます。

例えば右打者でスイングが速く
引っ張ったファールが多ければ
外野のシフトをレフトよりにし
ライトは詰まった打球が内野との
間に落ちないようにケアをする
逆にスイングが遅くてタイミングがあっていなければ
全体的にライト寄りのシフトに変更をするなど

次に考えるべきことは
ピッチャーとバッターの力関係です。
良いピッチャーと悪いピッチャーでは
打者の打球の傾向が変わるのは当然です。
例えば高校生が小学生の遅い球に
振り遅れたりすることは考えづらく
逆に高校生のボールを小学生のバッターが
振り負けずに引っ張ることは難しいでしょう。

こうした力関係を考えることで
バッターが強く長打があると感じれば
外野の守備位置を下げ
逆にピッチャーが勝っていると思えば
外野をやや前にシフトし詰まった打球に備えます。

もちろんこのシフトはカウントや球種によっても
多少変化します。
真っ直ぐに合っていないからといって
簡単に外野を前にしていると変化球を投げた時に
頭を越されてしまう可能性があります。

そのため理想は
外野手も含め全野手が
サインを把握しておき
どのコースにどの球種を投げるのかを
知っておきそれに合わせて微妙に守備位置を
変えられると良いでしょう。

もちろんサイン通りに投げきれる
投手のコントロールも重要となりますが
これが完璧にできればいくら強い打球を
打たれてもシフトに引っかかることになります。
これが正しいところに投げれば
野手の正面をつくという理屈ではないでしょうか?

当然あからさまにシフトを引きすぎると
シフトにより球種やコースが相手に
バレてしまうので投球のギリギリで
守備位置を変えたりレベルが上がれば
投手が実際に投げたボールや相手バッターの
スイングのタイミングをみて
インパクト前に1,2歩守備位置を変えられると
良いでしょう。

強いチームほど
こうした連携がしっかりしています。
あなたのチームではどうでしょうか?
配球の意図についてはバッテリーだけではなく
全選手で共有しておくことが守り勝つための
鍵となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です