軟式から硬式へ対応するために必要なこと〜守備〜


こんにちは
BASEBALL FUTUREです。

あなたは現在軟式球で野球を
しているでしょうか?
それとも硬式球で野球を
しているでしょうか?

高校野球はプロ野球と同じく
主に硬式球を使っていますが
小学生や中学生の選手は
軟式球でプレーをしている
というケースも多いと思います。

そうした選手たちは
高校に進学したタイミングで
硬式野球を始めるため
ボールが違うことによる対応に
まずは追われることになります。

バッティンングにおいても
ピッチングにおいても
その対応をしなければいけませんが
個人的には守備への対応が
一番難しいのではないかと思います。

それには大きく二つの原因があります。

まず一つ目は
硬式球への恐怖心です。

やはり軟式球と違い硬式球は
かなり硬いため体に当たれば
それなりの痛みがあります。
フライへの怖さはないかもしれませんが
イレギュラーをするような土のグラウンドで
ゴロを裁くとなると最初は相当な恐怖心が
あるものです。

こうした恐怖心は慣れとともに
消えていくものですが
守備が下手なままだと
捕球ができない=体にボールが当たる
というイメージが抜けないため
なかなか恐怖心に勝つことができません。

そのため完全に恐怖心をなくすには
守備力を上げて捕球できるという自信を
身につけるしかないでしょう。

二つ目は
ボールを捕る位置の違いです。

硬式球に比べて軟式球は
高くバウンドすることが特徴的です。
J球やM球になりその弾み方は少し
低くなったように思いますが
それでもまだまだ硬式球のバウンドとは
弾み方が全く違います。

例えば外野手の場合でも
前進してフライを取りに行ったら
思ったよりもボールが高く弾んで
頭の上を通過してしまうという光景を
よく目にします。
しかし硬式球の場合は人工芝のグラウンドで
あったとしても頭を越されるケースは
あまり目にしません。

このバウンドの違いにより
変わってくるのが捕球をする位置です。
この捕球位置を硬式用に対応していかなければ
守備力は上がらずエラーの可能性が高くなって
しまいます。

ではどのような違いがあるのか
具体的に説明していきます。

軟式球は先ほども伝えた通り
バウンドが高くなります。
そのため捕球位置は
一番高く弾んだ位置
もしくは高く弾んで落ちてくる時に
捕球をすると捕球率が高くなります。

こうすると比較的高い位置で
ボールを待っていることが多くなるため
自然と姿勢は高くなりがちです。
この時グラブの向きも上を向いた状態で
待ってしまいます。

しかし硬式球になるとバウンドは低いため
高く弾むような打球は少なくなっています。
反対に増えるのが弾まない地を這うような
打球です。

これにより今までのように
高い姿勢でボールが高く弾んだ
ところでボールを待っていると
慌ててグラブを低く出しても
間に合わずボールがグラブの下を
通過していってしまうのです。

そうした低い打球に対応するためには
低い姿勢を作りグラブを地面すれすれに
おいておき打球に対して下から上に
グローブを出していく必要があります。
この時の理想的な捕球位置は
ショートバウンドです。

打球に合わせて足を運び
ショートバウンドで打球を捕ることが
できると捕球確率があがっていきます。

このようにどんな打球に対しても
うまく足を運んでショートバウンドで
ボールを捕ることができるようになると
捕球も安定してくるため恐怖心もなくなり
完璧に硬式球に対応できた状態になっていきます。

これから高校に進学して
硬式球に挑戦するという選手も
今のうちに硬式球のバウンドになれて
いくようにしましょう。

また軟式球でプレーをしているという選手も
今のうちからショートバウンドでボールを
捕球する癖をつけておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です