プロ野球 リクエスト制度について


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

プロ野球界では
昨年からリクエスト制度というものが
採用され今年で2年目となり
野球を見ている人たちにとっては
当たり前のものとなってきました。

リクエスト制度を知らない人のために
そのルールを少し説明すると

審判の判定に異議がある場合
VTRによる検証を求めることができる制度です。

こうしたルールはMLBでも2014年から
採用されており
他の競技を見渡しても
テニスやバレーボールで
「チャレンジ制度」として広く知られています。

日本のプロ野球における
基本ルールは以下の通り

・リクエストは1試合で2回まで可
(延長戦ではリセットされて1回まで可能)
・判定が覆った場合はリクエストの回数は減らない。
・リプレー検証時間は5分以内、確証が得られない
場合は最初の判定通りとする。

このようになっており今シーズンも
リクエストにより多くの判定が覆る結果
となりました。

これにより今まで誰が見ても
明らかに誤審であった判定が
正しく判定され選手としては助かった
ことでしょう。

また、明らかな誤審をしてしまった
審判にとっても今まではちょっと考えれば
判定は逆だったかもしれないと
思っていても後から判定を変えることは
難しかったですが、判定を覆すことができる
チャンスが生まれたことで正しいジャッジを
することができ後から批判を受けたり
感情的になりがちな監督からの抗議を
減らすことができたりするので良いことだと思います。
(私は審判をしたことがないので実際のところ
審判の方がどう考えているかは分かりませんが)

ただ問題となるのは
明らかな誤審とは言えない
微妙な判定へのリクエストです。
やはり人間が審判をする以上
完璧なジャッジは不可能であり
その不完全さが野球の醍醐味の
一つだと私は考えていますが

リクエスト制度の採用により
こうした本当に際どいプレーに対しても
肉眼ではなくVTRで判定ができるように
なりました。これにより判定の精度は
高くなりましたが、こうした際どい判定が
覆ることで審判の誤審の数が増えてしまい
審判のレベルという概念が出てきて
しまったように思います。

実際に審判のレベルが落ちている
というような言葉もよく聞きます。
しかし、
際どいプレーの判定となった時
リクエストが申請されると
そのVTRを球場にあるモニターや
テレビ中継でもスローで再生がされます。

そしてそのスローのVTRを見てみても
本当に際どいプレーが多く
スローで判定を行ってもアウトかセーフか
判定がしづらいという場合が
とても多くありました。

つまりスローでみてもわからないものを
審判が肉眼で瞬時にかつ正確にジャッジ
することは不可能ということです。
しかもビデオ検証は球場に設置されている
様々な角度からのカメラでチェックを行いますが
審判は一つの角度からしかプレーをみることが
できません。

こうしたことを考えると
審判にとって誤審はつきものであり
私たちがそれに対して審判に
批判を行うことは見当違いのように
思います。

最近ではAIによる審判を採用する
という話もあるようですが
個人的には今のままの審判制度が
続くことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です