来シーズンのために終わり方が大切


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

プロ野球ではいよいよ
クライマックスシリーズが開幕し
これから日本シリーズに向けて
大詰めを迎えていきます。

今シーズンセ・リーグ2位で
クライマックスチームに挑む
ラミレス監督は常々こうしたことを
選手たちに語っているそうです。

「シーズンをどのような形で終われるか
それが最も重要である」

もちろん優勝というチームとしても
目標や結果もありますが
この言葉は選手個人個人に向けられた
言葉だと思います。

プロ野球という長いシーズンの中では
なかなか結果が出ない時期もあることでしょう。
しかし、不調な時期があっても
一番大切なシーズン終盤に
力になってくれればそれが一番であり
それが来季にも繋がっていくんだ
というラミレス監督らしい
非常にポジディブな言葉でもあります。

実際にレギュラーシーズンで
活躍ができていなくても
クライマックスシリーズや
日本シリーズで大活躍をすれば
不思議なことに首脳陣からしても
ファンからしても一年を通して
活躍してくれた良い選手だと感じて
しまうことでしょう。

これは「親近効果」というものが
影響していると思われます。

親近効果とは
例えば議論の場で
数々の意見が飛び交う中
最後に意見をいった人の
コメントが印象に残りやすく
深く記憶に刻まれるというものです。

野球のシーズンも一緒で
仮に全く同じ成績の選手だとしても
4月ごろに絶好調で
後半失速した選手よりも
春先絶不調で
夏以降大活躍した選手の方が
良い印象が残ります。

それは周りの首脳陣や仲間
ファンの人たちだけではなく
やはり本人にとっても印象に残ります。

シーズン終盤に活躍することで
来シーズンの開幕まで
周りからの印象もよくなり
自分自身も自信を持って冬の練習に
望むことができるためモチベーションを
高めやすいことでしょう。

これはプロ野球以外にも同じことが
言えます。
高校野球では各地で秋季大会が
開催されていますが
秋季大会が終われば大会も
ひと段落し残すは練習試合のみとなります。

今年はなかなか成績がよくなかった
あまりアピールができなかった
という選手もこの冬前の
野球シーズン終盤に活躍をすることで
周りからの印象も自分への期待値も
大きく変わることでしょう。

シーズンをどのようにして終えるか
秋季大会で負けてしまい
なかなかモチベーションが見つけられない
という人もすでに来年に向けた戦いが
始まっているということを認識して
最高のシーズンの締めくくりを目指して
努力を続けてもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です