野球 片足でバランスをとる重要性と方法①


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球のプレーにおいて
「片足でバランスをとる」
と言うことはとても重要な
要素の一つです。

・バッティング
・ピッチング
・守備
・走塁

この全てで片足になる瞬間が
訪れます。
そのためこの片足でバランスが
とれないと言うことは
それだけで野球選手にとっては
致命傷とななりかねず
これが優秀な選手とそうでない選手の
境目であると言っても過言ではありません。

では具体的にどのような場面で
片足になるのかを考えてみましょう。

バッティングの場合

まずバッティングにおいて
片足のバランスが求められるのは
テイクバックにおいて前足をあげて
トップに向けて踏み出していく時です。

この時に片足でバランスが
取れていないと
ピッチャーが投げるボールに
合わせて前足を踏み出していくことが
できません。
しかしバランスが取れていれば
投球に合わせていつでも
前足を踏み出して体重移動を
行うことができるので高い打率や
飛距離を出すことができるでしょう。

こうしたバランスを取ることが
できない選手はそもそも
足をあげずにすり足や
ノーステップでスイングをすることが
多いです。

しかしそれでは軸足側に十分に
体重を残すことができずに
勢いよく体重移動をすることが
できないためスイングに支障が
出てきてしまいます。

ピッチングの場合

ピッチンングの場合でも
投球に向けて前足をあげた時
片足でバランスを取る必要があります。
この時バランスが取れていないと
投球方向に対してまっすぐ
足を踏み出していくことができず
体重移動も正確に行うことができず
倒れこむようにして前に突っ込んで
ボールを投げることになってしまいます。

良いボールを投げるためには
体重を後ろ足側に残しつつ
重心を移動させて最後に
踏み出した前足に体重を
勢いよく移していく必要がありますが
片足でバランスが取れないために
後ろ足に側に体重を残す時間が
少なくなり突っ込んだフォームに
なりやすくなってしまうのです。

守備・走塁

守備においても
走塁においても共通することは
走る動作です。

走ると歩くの違いを
知っていますか?
走ると歩くの違いは
スピードの違いでもありますが
動作的に大きな違いは
地面を飛んでいる
時間があるということです。

そして飛んでから着地する時に
必ず片足になりますが
飛んだ衝撃を片足で受けてめて
バランスを取ることができなければ
体の軸がぶれてしまい
軸がぶれることでロスが生まれ
タイムロスをしてしまいます。

これが足が遅い原因の一つでもあります。

このように
全てのシーンで片足でのバランスは
重要となってきます。
ではどのようにしてバランスを
取れば良いのでしょうか?

これについては次回解説します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です