打撃/投球 軸足はどっち?〜体重を残せとは②〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回打撃、投球においての
軸足について解説を行いました。

ざっくり前回の内容をまとめると
インパクトやリリースにかけて
軸足は後ろ足から前足に
体重移動によって変化するということです。

「つまり体重を後ろに残せ」と言いつつも
実際に最後までは体重を残してはいけない
ということです。

では体重を後ろに残せとは
どういう意味なのかを今回は
解説していきます。

結論から言うと
この体重を後ろに残せとは
投球においても打撃においても
前足を着地させトップに入る
直前まで体重移動を我慢して
後ろ足に体重を残せと言う意味です。

この我慢ができないと
いわゆる突っ込んだ
状態になってしまいます。

突っ込んだ状態になってしまうと
体重移動のタイミングが
インパクトやリリースに合わないため
結果的に体重移動の勢いを利用できない
ばかりか
打撃の場合、投球にタイミングを
合わせることができずに空振りもしくは
見逃しをしてしまい

投球の場合は上半身のみを使った
無理なフォームとなり球速がつかない
コントロールがつかない
最悪の場合負担により肩や肘を
故障することに繋がってしまいます。

「軸足に体重を残せ」と言うと
体重移動がおろそかになり
パフォーマンスが上がらず
逆に
「体重移動をしろと」と言うと
体が突っ込みすぎて
パフォーマンスが上がらない

これが少年野球だけでなく
ほとんど全ての野球選手に
共通する課題です。

逆に言えばこの課題を
理解し克服できている選手が
活躍をすることができているのです。

実はこうした体重移動や突っ込みは
フィールディングにも共通する
課題でもるのです。

一度この体重移動のによる
軸足の変更のタイミングを
掴んでしまえば投球においても
打撃においても守備においても
一気にパフォーマンスをアップさせる
ことができるでしょう。

この課題を克服させるためには
あるコツが存在します。
このコツを理解できていなければ
いくら「体重を残せ」と言われても
「体重移動をしろ」と言われても
上達することは難しいでしょう。

もしこのコツを知りたいと言う方は
ぜひ一度BASEBALL FUTUREの
体験レッスンを受けてみては
いかがでしょうか?

一度のレッスンでも
大きな変化が現れるかもしれませんよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です