打撃/投球 軸足はどっち?〜体重を残せとは①〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

いきなりですが
あなたに質問です。

あなたが右投げ右打ちの場合
打撃においても投球においても
軸足となるのはどちらの足でしょうか?




おそらく多くの人が
右足が軸足になると
思い浮かべたと思います。

「軸足に体重を残す」
という言葉があるように
打撃においても投球においても
後ろ側にある足を軸足として
そちら側に体重を残すのが良い
とされています。

ではもう一つ質問です。

先ほどと同じく
右投げ右打ちの時

打撃の場合はインパクトの瞬間
投球の場合はリリースの瞬間
動作の軸となる足はどちらの
足でしょうか?




今度は少し迷った人も
いるかもしれません。
しかしよく考えてみると
この力を発揮すべきポイントでは
打撃・投球ともに
軸足は後ろ足ではなく
前足になっているはずなのです。

つまり軸足は必ずしも
後ろ足ではなく動作の中で
切り替わっていくものなのです。

そして切り替わる時に行われるのが
体重移動です。
それにもかかわらず
指導をする中で
「体重を後ろに残せ」
「軸足に体重をかけておけ」
という言葉をよく聞きます。

決して間違いだとは言いませんが
まだ経験の浅い選手が
この言葉を受けたらどう思うでしょうか?
そのままプレーをすれば
体重移動もせずにそのまま
後ろ足体重のままぎこちないプレーを
することになってしまうでしょう。

そのくせ
「体重移動をしろ」
とも言われてしまうので
素直すぎるくらいの選手の中には
混乱をしてしまう
人もいることでしょう。

こうした混乱は投球よりも
打撃に良く見られます。
なぜならば強い球を投げるには
自然と足を踏み出して体重移動を
しやすいのですが
打撃においては前足を強く踏みださずとも
ある程度振れてしまうからです。
その結果
体重を後ろ足に残したまま
の弱々しい上半身だけの
スイングになってしまうのです。

下の画像を見てみましょう。

上側のスイングがインパクトに向けて
軸足を後ろ足から前足にスムーズに
移したスイングです。
下のスイングと比べると
最後に後ろ足のかかとが上がっており
後ろ足には体重がかかっていないことが
わかると思います。

対して下側のスイングは
後ろ足のかかとが下がっているため
体重を残したまま
スイングをしてしまっているのが
良くわかると思います。

これでは体重移動の勢いも
利用することができないばかりか
スイング軌道も悪くなってしまうため
ミート率、飛距離ともに伸びないことは
明白です。

では体重を残せとは
どういうことなのでしょうか?

これについてはまた次回
お伝えします!!

PS,明日10月2日(水)
新高円寺にて
セミナーを開催いたします!

当日参加も可能ですので
ぜひご参加ください↓

小・中学生の野球選手、保護者が「今」知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です