ピンチでの笑顔は本当に効果があるのか?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球をみていると
よくピンチで笑っていたり
負けている時ほど笑顔を作ろうと
したりします。

また「常勝」ではなく「常笑」を
スローガンに掲げるチームも
多くあります。

さてこのピンチでの笑顔は
本当に効果があるのでしょうか?

結論から言うとこの笑顔には
緊張を和らげたりメンタルを
冷静に保つ効果があります。

なぜこのようなことが
起きるかと言うと心理学的な言葉で
「認知的不協和」が起こるから
と言われています。

認知的不協和とは
個人の中で矛盾が生じるのを
嫌う現象でその矛盾を
取り除こうとして矛盾を解消するような
行動を起こすことです。

例を出して考えてみましょう。
例えば高価な買い物をした時
その高価なものが
とても良いものであり満足をしていれば
矛盾は生じません。
しかし高価な割に期待通りの
ものではなかったとします。

「高い買い物をした
にも関わらずあまり良くなかった」
このように生じた矛盾を取り除こうと
自分が高いお金を出して買った
ものだからこれはいいものなんだと
思い込もうとするのです。

これが認知的不協和です。

ピンチでの笑顔にもこれと
同じ効果が期待できます。

嬉しいことやいいことがあれば
笑顔になります。
ここに矛盾はありません。

ピンチや苦しい場面では
苦しい表情やプレッシャーで
体が固まったり、思うように
体が動かなかったりします。
ここにも矛盾はありません。

しかし
ピンチや苦しい場面で笑顔だと
どうでしょうか?
ここには矛盾が生じています。
認知的不協和により
人間はこの矛盾を取り除こうとします。

「自分が笑顔を作っているということは
ピンチや苦しい場面ではなく
むしろチャンスや絶好の場面だ」

このように脳が思い込むことで
冷静さを取り戻したり
いつも通りのプレーができたりします。

これが苦しい時やピンチの時に
笑顔になるという理由かもしれません。

しかしだからと言って
ずっと笑顔でいるのを私は
良いとは思いません。

もちろん試合に勝ったあとや
攻撃の得点のシーンでは
多少の笑顔があっていいと思いますが
ミスをして笑っていたり四球を出して
笑っているのは論外だと思います。

プロ野球の世界を見ても
良い投手ほど闘志は見せても
笑顔は試合が終わるまで見せません。

ポーカーフェイスと呼ばれますが
緊迫した試合で笑顔を見せることは
虚勢を張っているにすぎません。

私も高校野球まではそうした笑顔で
試合を乗り切るのも良いと思いますが
その先を目指すのであれば
それ相応の態度と姿勢を持って
試合に臨むべきだと思います。

もちろん
草野球や少年野球や遊びの野球では
楽しむことが目的なのでどんな場面でも
笑顔があっていいと思います。

PS.実はこのピンチで笑う
という行為には一時的な効果は
あるのですが、
試合が終わったあとなどに
その反動で不安や悲しみが増大する
というデータも出ているようです。

こうして考えると精神的には
一概に笑顔が良いとは言い切れないので
強制的に笑顔を作らせることだけは
してはいけない気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です