特殊なルール〜監督の選択権〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球のルールはとても複雑で
何年やっていても意外と知らない
ルールはたくさんあります。

以前にも意外と知られていない
ルールをご紹介しましたが
今回もその一つをご紹介したいと
思います。

インターフェアという言葉を
知っているでしょうか?
インターフェアは妨害という意味で
打撃妨害の時などに使われます。

たとえば打者がスイングをした時に
バットがキャッチャーミットに当たってしまうと
キャッチャーが打者を妨害したことになるので
打撃妨害が適用され打者が一塁へ
行くことができるというルールです。

このルールは知っている人が
多いと思いますが以下の場合は
どうすれば良いか知っていますか?

1死ランナー2.3塁
打者が打った打球がセカンドに
転がり1塁へ送球し
バッターランナーがアウトになる間に
2塁ランナーは3塁へ
3塁ランナーはホームへ生還しました。

しかしこの時実は打者のバットが
キャッチャーミットに当たっていたため
打撃妨害に当たります。

この時
走者の進塁ならびに
生還は認められるでしょうか?
それとも打撃妨害が適用され
1死満塁からのスタートとなるでしょうか?

・・・

実はこの場合
走者の進塁を優先するか
打撃妨害を適応するかは
攻撃側の監督に選択権が
生まれるのです。

つまり通常通り打撃妨害として
ランナーを満塁にすることも
バッターランナーをそのまま
セカンドゴロとし1死を捨てて
1点を取り2死3塁から
スタートさせることもできる
ということです。

おそらくこの場合
この選択権を知っていれば
1点がどうしても欲しければ
1点を取りに行くでしょう。
逆に最終回で大量得点差で
負けている場合は一死も
あげられないので
打撃妨害を選択することでしょう。

しかしこのルールを知らなかった場合
どうでしょうか?
どうしても欲しかった一点が入らずに
そのまま打撃妨害として
進められてしまうことでしょう。

1死満塁の場合チャンスではありますが
内野ゴロはダブルプレーの
可能性があるのでそれよりは
一点を確実に取りに行くことが
得策でしょう。

この監督の選択権が
生まれるのには条件があります。

安打、失策、四死球、
その他で打者走者が1塁に達し
、他の全走者も1個以上の塁を
得たとき妨害とは関係なくプレーが続けられる

つまりバッターランナーも含めて
ランナーが誰もアウトにならずに
先の塁に進んだ場合は
打撃妨害とはならずに
そのままプレーが続行されるというわけです。

今回のケースでいうと
セカンドゴロではなく
センター前ヒットであれば
打撃妨害は適用されず
そのままプレーを続けることに
なります。

かなり特殊なケースですが
知っておくとここぞという時に
役にたつかもしれませんね。

PS
近日セミナーを開催いたします。
10月2日(水)
場所セノンスポーツゼロ

杉並区周辺にお住いのかたは
ぜひご参加ください。
詳細はこちら↓

小・中学生の野球選手、保護者が「今」知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です