中学野球を引退した選手へ


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球の夏のシーズンが終わり
高校野球も新しいチームが
スタートしていますが中学野球に
おいても一通りの大会が終わり
3年生は引退をし
落ち着いてきた時期だと思います。

これから高校でも野球を続けるという選手に
とってはこれからの半年はとても
大切な期間となります。
もちろん野球推薦で高校が決まっている
選手ばかりではないので
受験勉強も大切になってくるでしょう。

しかしそうした選手もメリハリをつけて
野球がおろそかになってしまわないように
練習を少しでもいいのでやっておくことを
お勧めいたします。

なぜならば勉強をするための
集中力はスポーツをすることからも
得られるからです。
また、中学3年生という伸び盛りの
期間を半年間勉強だけで過ごしてしまう
というのは野球選手にとってはとても
マイナスになるからです。

そのままでいると
推薦が決まっていて
野球だけをやっている選手とは
入学の時点で大きな差が
生まれてしまうでしょう。

そうなってしまわないために
勉強と両立しつつも
どのようなことをすべきなのかを
お伝えしたいと思います。

1,有酸素運動
まずは基本のランニングです。
やはり適度な有酸素運動をすることが
体をなまらせない手っ取り早い方法です。
また時間をそこまで取ることもなく
毎日15〜30分程度であれば
十分に勉強と両立ができるでしょう。

高校に入学すると
いきなり厳しい練習が
課せられる場合があります。
こうすると怪我を引き起こしやすくなります。
その結果最悪の場合入学から半年間
怪我のリハビリということもあり得ます。
しかしこうした怪我も有酸素運動を
続けることである程度防ぐことができます。

2,硬式球への対応
軟式野球をやってきた選手にとって
高校に上がって
最初に当たるかべは硬式球への対応です。

やはりボールが変わるというのは
大きなことで守備面においても
打撃面においても大きな影響があるでしょう。

しかし時間が経てば
慣れてくるので問題はありません
しかしスタートダッシュという面では
少し出遅れる可能性もあるので
この半年を利用して硬式球に
慣れておくのが良いでしょう。

ボールの弾み方
インパクトでの力のかけ方
恐怖心などを取り払っておきましょう。

3,体のケア
中学時代に怪我をしてしまった選手や
体の硬い選手はこの期間を使って
十分に体のケアを行いましょう。
高校野球になると一週間に休みが
一日あるかどうかです。

それに伴い怪我も増えていくので
大切な高校野球の期間を
怪我で潰さないためにも
体のケアを怠らずに
万全の状態で入学を迎えられるように
していきましょう。

勉強との両立も大切ですが
高校野球で戦いたいと思っている
選手はそのための行動も地道に
行っておきましょう。

ps.今のうちに硬式を打ち込んで
一年生から活躍したいという選手へ

ぜひこの半年間を利用して
硬式の打ち方を身につけてみませんか?
下記問い合わせフォームより
短期レッスンの
ご相談受け付けております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です