なぜ秋は守備力が求められる?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

各地で高校野球の秋季大会が
開幕しています。
秋季大会は来春の甲子園選抜大会の
選考に関わってくるので
新チーム初の大会といえど
とても大切な大会になってきます。

こうした新チーム初戦の秋季大会では
守備力が高いチームが勝ち上がると
よく言われています。

反対に夏の大会は打たなければ
勝てないとも言われています。
この違いはどこにあるのでしょうか?
また本当に打力よりも守備力が高いチームが
勝ち上がれるのでしょうか?

まず言えることは
どのチームも新チームとして
戦う姿勢が整っていないということです。
7月もしくは8月まで3年生中心で戦ってきた
チームはまだ新チームが始まって
1ヶ月,2ヶ月といったところでしょう。

そのため守備位置をコンバートしたり
色々な選手を試している段階です。
そのためレギュラーも完全には固まって
おらず暫定的なポジションで戦っている
というチームも多いことでしょう。

そうした状態で戦っていけば
自ずと守備のミスは多くなるものです。
攻撃のミスは直接的な敗因にはなりづらいです。
なぜならばミスをしても失点をすることはなく
点数がマイナスになったり相手に点数が
入ることがないからです。
しかし、守備のミスはそのまま失点に繋がる
リスクが高いため敗因となることがあります。

つまり秋季大会において守備が重要と
言われるのはそれだけ守備面でのミスにより
自滅が多いからなのです。

もちろん守備という面では
投手力も重要です。
新チーム前から主戦として投げてきた
投手が残っているチームは
とても優位に試合を運ぶことができるでしょう。

また夏の大会と違い
気温も多少下がってきていることもあり
投手には有利に働くことでしょう。
対して打線はというと
まだ冬の厳しいトレーニング期間を
乗り越えてはいないため
スイングも甘く打者にとっては不利な状況と
言えるでしょう。

こうした背景からよほどの実力差がない限り
連打での大量得点で勝つという展開は少なく
どちらかというと少ない点数を
ミスなく守り抜いたチームが
勝ち上がって行くのが秋季大会なのです。

そうしたことを考えると
やはり新チーム前から2年生中心で
戦ってきたチームは完成度が高いため
大きなアドバンテージがあることでしょう。
しかし、それで油断をしていると
冬を越えた春大会や最後の夏の大会で
足下をすくわれることもあり得るので
注意が必要です。

なぜならば
夏の大会の場合は
どこのチームも自滅は減っており
投手の完成度も高まっています。
つまり守っているだけでなく
しっかり打ち崩さなければ得点が
入らず勝つことができないからです。

こうしたことを考えながら
チームづくりを考えたり
シーズンごとに練習方法を考えていくと
とても面白く自信を持って大会に
臨めるのではないでしょうか?

ps.守備力を鍛えるためには
ノックだけではなく
連携やカバーリングなど
様々な確認事項を押さえておくことも
重要になってくるので
新チームが始まった段階で
時間をかけて話し合いを行いましょう。

もしまだできていないというチームは
今からでも話し合いの時間を作るのが
おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です