少年野球チーム力向上のために必要なこと3


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は少年野球のチーム力向上
のために必要な具体策1〜3までを
お伝えしていきました。

今回は残りの4〜6をお伝えしていきます。

1,ルールを覚える
2,走塁を磨く
3,全てのポジションを経験
4,運動神経を高める
5,怪我をしづらい体づくり
6,自主練習の習慣づくり

4,運動神経を高める
ここまで打撃と守備の技術に
関してほとんど触れてきませんでしたが
おそらく大半のチームが
この打撃と守備の練習をたくさんしていると
思います。

もちろんこれも大切なことです。
がその優先度は少年野球に
おいてはそれほど高くする
必要はありません。

その理由は単純です。
それよりも大切なことが
他にあるからです。

その一つが運動神経を高める
ということです。

最近では一般的にも知られるように
なりましたが
人間の運動神経の成長は
12〜13歳が最も効率が良く
そこまでの間にある程度の
運動神経ができあがり
ゴールデンエイジと呼ばれる
その時期を逃すとなかなか
成長をしてくれません。

そしてこの運動神経を
バランスよく高めるためには
野球だけをしていれば
良いというわけではないのです。

つまり野球の打撃や守備の技術を
練習しているだけでは運動神経は
高まりきらず将来的に
レベルの低い打撃や守備になってしまう
可能性があるのです。

そうしたことを防ぐためには
野球の練習の時間を利用して
こうした運動神経を高める
練習を行うべきなのです。

様々な動きを行うアップや
ゲーム性のある遊びなど
野球以外のスポーツを
行うことも時には良いでしょう。

そうした運動神経の上に
野球の技術があるということを
理解しておきましょう。

5,怪我をしづらい体づくり
野球をする上で最も
辛いことが怪我をしてしまうことです。

そうした怪我のほとんどは
怪我を防ぐ努力をしなかった
準備不足からおきてしまいます。

しかしそうした準備を
少年野球を始めたばかりの
選手が知っているでしょうか?
それはまず無理でしょう。
そうであれば大人がそうした
方法を教えてあげる必要があります。

まずは下半身の柔軟性
そして正しい姿勢や歩き方
肩周りの柔軟性
練習後のクールダウンや
ストレッチ
球数の管理

これらを教えてあげ重要性を
丁寧に教えてあげることが
今後の選手の怪我の可能性を
減らすことに繋がっていきます。

特に最近騒がれている
球数に関しては投手だけでなく
野手も気をつけなければ
いけません。

あなたのチームは
肩のストレッチもせずに
長いキャッチボールを行なったり
長いノックを行なってりしていませんか?

全力投球でなくても
球数が増えれば
小さい体にはとても大きな
負担がかかってしまいますので
気をつけてみてあげましょう。

6,自主練習の習慣づくり
最後に大切なことは
自主練習の習慣を作ってあげる
ことです。

小学生のうちから
厳しい練習をチーム練習で
行う必要はありません。

なぜならばその練習に満足して
最も大切な自主的に練習をする
ということをしなくなってしまうからです。

それでは野球以外でも
自主性は失われ
成長を見込めないでしょう。

逆に少し物足りないなと
思えば選手は勝手に
練習を始めるものです。

もちろん
自主練習と言いつつも
ある程度は大人が継続性の
大切さを子供に理解してもらい
習慣をつけさせてあげることも
必要となるでしょう。

ただし無理やりやらせるのではなく
選手が自主的にやりたくなるような
環境を作ってあげることが望ましいでしょう。
短い時間でも良いのであくまでもそれを
継続して習慣づけてもらうことをゴールとして
ほしいと思います。

以上が少年野球のチーム力向上の
ために必要となることです。
この上で打撃や守備やピッチングの
正しい知識を覚えられると
チームとして選手の将来の可能性を広げて
育てる体制は完璧と言えるでしょう。

こうした体制を整えるために必要となることは
・チームスタッフの方針の共有
・必ずしも勝利を優先しない
・保護者の理解と協力
・野球と体に関する正しい知識

コーチ1人が思っていても
これは実現しません。
また勝利を優先しないことで
勝ちたいと願う保護者からの
不満が出ることもあるでしょう。
また野球や体に関する
正しい知識がなければ
練習方法や知識を選手に与えてあげることも
できないでしょう。

だからこそ選手の将来のために
チーム方針をスタッフ,
保護者間で共有し
理解と協力をし
選手育成の知識のある人に
協力をしてもらうことが必要と
なるでしょう。

少年野球のチームづくりに対して
何か質問や相談がある方は
ぜひ下記問い合わせフォームから
ご相談ください。

フルバージョンは下記の
公式LINE友達追加より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です