少年野球チーム力向上のために必要なこと1


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球をやっている多くの選手は
小学生の頃に少年野球チームに入団し
野球を始めます。

ここで得た経験や知識は
その後の野球人生にも
大きな影響を与えるものであり
日本の野球界の基盤となる大切な
カテゴリーに当たるのがこの少年野球です。

野球はルールブックにも
勝利を目指すことが
明記されている通り
試合において相手に勝つことが
最大の目標でもあります。

そのためにチーム力を
向上させていくことが大切なのですが
チーム力=勝率とは言えない部分もあります。

なぜならば小学生のうちから
「勝利だけを目指すのは如何なものか?」
という考え方があるからであり
勝利以上に大切なことが
他にたくさんあるからです。

もちろん試合をする以上は勝ちを
目指しますがそれ以外の部分に
目を向けて将来的に選手の役に立つ
経験を当ててあげることが
最優先であると私は考えています。

そうした取り組みが
きちんとなされているチームが
本当の意味でチーム力がある
チームでありチームの勝利とは
その先に付いてくるものだと思います。

例えばチームを強くしたい
と思えば少年野球の場合
それはとても簡単です。

毎日厳しい練習をさせ
勝利に徹する采配をさせるだけです。

なぜこれだけで良いのかというと
高校生や中学生にもなると
毎日のように厳しい練習をしている
チームもありますが
少年野球において毎日厳しい練習をさせる
ようなチームはほとんど少ないからです。

ですがこれでは様々なところに
問題や歪みが生まれてしまいます。

1,故障
体が出来上がっていない
小学生に対して毎日厳しい練習を
課すことは一時的な技術の成長には
繋がりますが
怪我のリスクが高まります。
また、その怪我によっては
体の成長にも影響を及ぼす
可能性があります。

2,詰め込みによる伸び悩み
野球に限らず一つのスポーツの技術を
低年齢で詰め込みすぎると
最初のうちは急速に成長しますが
16才前後まででそれも打ち止めとなり
そこから伸び悩むという研究データが
出ており、将来的な伸び代を奪って
しまっている可能性があります。

3,自主性の消失と燃え尽き
厳しい練習を自らこなす
小学生はまず間違いなくいません。
厳しい練習の裏には必ず
厳しい練習を強制する大人の存在が
あります。

練習をすること自体は良いことですが
それを自主的に行うのか
言われて行うのかでは
大きな違いがあります。

おそらく言われてやっている選手は
言われなくなれば自ら練習をしようとは
思わないことでしょう。

また厳しい練習により成果をあげ
チームとして結果を残したことで
満足をしてしまい
これから先も厳しい環境でやる
気力を無くしてしまう
いわゆる燃え尽き症候群に
陥ってしまうことがあります。

どんなに野球が上手くなっても
心の底から野球を好きではない限り
わざわざ野球を続けることはないでしょう。
これは野球界にとっては
マイナスであり大人の自己満足に
すぎないでしょう。

4,レギュラーしか使わない
勝利に徹する采配をすることで
上手い選手だけをずっと使い続けて
しまうでしょう。

もちろん勝利を目指す以上
上手い選手を使うことは
当たり前です。

ですが野球を始めた時期も
体格も差が出やすい少年野球に
おいてそれをやりすぎてしまうと
経験が浅い選手や体格が小さい
選手は試合に一度も出れずに
終わってしまいます。

そうした扱いを受けてしまった
選手はどうなるでしょうか?
おそらく野球を続けないでしょう。

将来性を考えれば
その選手が経験を積み
体が成長することで
才能開花することも十分に
考えられます。

そうした才能や可能性を
広げてあげるためにも
均等とは言わないまでも
チャンスを与えてあげることが
大事だと思います。

さてでは本当のチーム力向上には
何が必要となるのでしょうか?
次回は少年野球におけるチーム力
向上についてその具体案を
お伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です