木製バットへの対応


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球までは
木製バットが主に使われていますが
それ以上のカテゴリーになると
大学野球でも社会人野球でも
プロ野球でも木製バットが
使われるようになります。

そうした時に言われることが
木製バットへの対応力です。

普段金属バットでバッティングを
することが当たり前になっている
選手にとって木製バットを試合で
使うとなると少なからず
抵抗があり打ちづらさを感じるものです。

なぜならば金属バットの方が
振りやすく芯も広く打球が
飛びやすいからです。

こうした金属バットから木製バットへの
対応が上手くいかないと
高校で活躍していた選手が
全く打てなくなってしまうということが
よく起こります。

実際にプロ野球を見てみても
高校通算50本以上のホームランを
打っていた選手が全く打てずに
引退をしてしまうということがよく
あります。

では木製バットへ対応するためには
何が必要となるのでしょうか?

まずなぜ金属バットへ
対応ができない選手がいるのかというと
それはただ何も考えずバッティングを
行なってしまっているからでしょう。

特に金属バットで良い成績を
残せていた選手はもともと素質は
あるはずなので頭を使い時間をかけて
練習をすれば必ず木製バットに
対応できるはずです。

しかしそれができないということは
練習を怠っているか
何にも考えずに練習をしているか
そのどちらかしか考えられません。

ではどのようなことを考えて
練習をすれば良いのでしょうか?

①バットの重さを知る

まず考えてほしいことは
バットの重さを知ることです。
これはグラム数などの数字をしる
ということではなく
手に持った感覚でどこに
バットの重心がありどのような
持ちごたえがあるのかを
バットの長さや重さに合わせて
知っておくことです。

これによりそのバットを
どのような力でスイングすれば
スムーズに振ることができるか
という細かい感覚を掴みやすくなります。

②どこに芯があるのか?

木製バットの芯は金属バットに比べると
とても狭い範囲です。
そのためどこに芯があるか
はっきりと理解し打った
感触を全身で記憶することが
求められます。

①、②はどちらも金属バットの場合も
把握していると思いますが
その感覚は木製バットに比べると
大雑把なものになってしまいます。

なぜならば金属バットの方が
スイングがしやすく
芯が広いからです。

木製バットを使って何回も素振りをしたり
実打をしたりすることで
この感覚を研ぎ澄ますことが
レベルアップへの第一歩です。

③全身を使ったスイングを心がける
金属バットの場合反発力が強いので
腕の力だけでもホームランを打つことが
できてしまいます。
しかし木製バットではそうはいきません。

そのまま力任せに振っているだけでは
今までホームランだった打球は全て
外野フライで終わってしまいます。

上手い選手のスイングをみていると
小柄でも木製バットで簡単にホームランを
打っています。
それは力任せではなく
全身の力を上手く連動させて
スイングができているからです。

話をまとめると
木製バットに対応するには
バットの重さや重心、芯の位置を
感覚的に把握し全身の力を使って
スイングをしていくことが大切になります。

もちろん金属バットを使う場合でも
同じようなことを意識すれば
成長はできますが木製バットを
使った方がより細かく繊細な感覚を
つかむことが可能です。

おそらくそれは
金属バットよりも木製バットの方が
手に残る感触が強いからでしょう。
そうした刺激が手を伝って脳に残ることで
感覚は磨かれていきます。

この感覚をつかむことで
金属バットでも飛距離を伸ばしたり
ミートの確率をあげることができるので
ぜひあなたも試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です