フェアプレーとは?〜デッドボールからのホームラン〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球は甲子園が終了しましたが
U18年代の世界大会が韓国で
行われていたり
秋季大会の抽選が始まったりしています。

これからまだまだ野球シーズンが
続いていきますが
最近の高校野球では
「フェアプレー」という言葉がとても
取り上げられるようになってきました。

特に話題となったのは
甲子園で花咲徳栄高校の
バッターが投球が体に当たったものの
自ら避け方が悪かっので
デッドボールではないと主張し
相手投手や審判、さらには相手ベンチにも
頭を下げるというシーンがありました。

その主張が認められ
投球はボール判定となり
打ち直しとなったその初球を
レフトスタンドまで運ぶ
ホームランとしたことで
「なんてフェアプレーだ」と
海外からも賞賛が起きました。

少し前までであれば
インコースに投げられれば
わざとあたりにいき
避けようものならば少年野球でも
怒られるような時代でした。

実際今でもそうした指導をしている
チームは多いことでしょう。

しかし今回のこのプレーにより
そうしたアンフェアなプレーは
減っていくように思います。
あなたにとっても少なからず
インパクトや影響を受け
印象深いプレーとなったと思います。

こうしたフェアプレーの精神は
相手へのリスペクトが念頭にあります。
日本の野球の場合こうした
相手へのリスペクトにやや欠けている面が
いまだに残っているように感じます。

それは相手へのベンチからの
ヤジであったり、挑発行為であったり、、、

メジャーリーグでは
こうした相手へのリスペクトが
重要視されています。

例えば相手チームであっても
素晴らしいプレーがあれば
帽子やヘルメットを取って
賞賛をしたり拍手を送ったりします。

観客も日本の場合は
自分の応援している以外の
チームへはヤジやブーイングを
飛ばしたりすることがありますが

メジャーの場合
良いプレーには敵味方関係なく
拍手やスタンディングオベーションが
自然と起こります。

こうした光景は日本では
まず見たことがありません。
おそらく日本の場合
良い打球を打って相手に
ファインプレーをされてしまえば
悔しがったりがっかりしたりして
終わってしまうでしょう。

日本でも少年野球から
こうした取り組みができてくると
勝利至上主義から脱却が
できるのではないでしょうか?

まずは相手の良いプレーに
対しては相手へのリスペクトとして
素直に賞賛を送る姿勢を
大人たちが示して上げることが
良いと思います。

PS
メジャーリーグの場合
逆にそうしたリスペクトを欠く
行為があると報復行為として
故意死球などをされてしまうことが
あります。

例えば大量得点差での盗塁や
ホームランを打った後の
派手なガッツポーズなど

リスペクトは大事ですが
こうした報復行為までは
まねする必要はないと思うので
良いところだけを吸収できれば
良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です