「やりたいこと」と「やるべきこと」


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

「こうしたプレーをしたい」
「こんな選手になりたい」
このように自分の理想のプレイスタイルや
理想の選手のようになりたいという
目標を持ってやりたいことに挑むことは
とても大切なことです。

しかしながらそれとは相反して
大切な試合に勝つためには
チームの一員として
「やりたいこと」よりも
「やるべきこと」が優先される
ことがあります。

例を出して考えてみましょう。

まずやりたいこととして
バッターの場合
「ホームランを打ちたい」
「長打を打ちたい」
という気持ちがあったとします。

こうした気持ちは成長の上では
とても大切でそれを実現するために
行うのが練習です。

しかし実際の試合では
全ての打席でホームランや長打を
狙うわけにはいきません。

なぜならばチームの一員として
試合に勝つためには状況に応じて
バントやエンドラン、進塁打を打つこと
などを求められるからです。

特にレギュラーを取れていない選手に限って
このやるべきことがおろそかになっており
自分がやりたいことのみを練習したり
試合でもやってしまう傾向にあります。

確かに選手として成長するためには
やりたいプレーを練習して実現し
試合で表現できることが大切です。

ですがやりたいプレーだけで
相手に勝てるほど野球は甘いスポーツでは
ありません。

強いチームでもレギュラーで出れる選手
というのはまず第一にやるべきことが
しっかりとできていることが多いです。

・ボールの見極め
・バント
・ケースバッティング
・堅実な守備
・積極的な走塁

これらが備わっているからこそ
試合でも安心して使うことができ
チームが勝つために必要不可欠な
存在になっていくのです。

一流の選手は
こうしたやるべきことをやった上で
自分がやりたいことを試合状況に応じて
グラウンドで表現することができるのです。

高校生の練習を見ていても
自主練習の時間の使い方を見ていると
どちらかというと自分のやりたいことを
優先させてしまっている選手が
多いように思います。

バッティングが好きであれば
バッティングだけ
守備が好きであれば守備だけ
また細かく見ていくと
バッティングでは引っ張りの
フルスイングだけ
守備では派手なプレーだけ

これではいつまでたっても
試合で使える選手にはならないでしょう。
もし今あなたが試合に
出れていないのであれば
少しの時間でも良いので
「やるべきこと」に費やす時間も
大切にして欲しいと思います。

PS.チーム全体としても
個々のレベルが高いことは良いことですが
やるべきことを明確にして
それに取り組めるチームは強いチームです。
1人だけができていても意味がないので
チーム全体として取り組むことができると
良いチームとなっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です