「フォロースルーが小さい」なぜいけない?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

「思いっきりスイングしろ」
「小さいスイングをするな」

最近ではこのようなことが
指導現場でよく言われるように
なってきました。

プロ野球でも
ソフトバンクの柳田選手や
西武の森選手や山川選手など
試合でフルスイングをする選手が
増えてきたことで少年野球や
中学野球といった早い段階でも
フルスイングをすることを
求められてきています。

こうしたフルスイングを
する上で注意をしてほしいことは
ただ力一杯にスイングをすればいい
ということではないことです。
そこで注目をしてほしいのが
フォロースルーの大きさです。

力一杯スイングをしたからといって
フォロースルーが大きくなるとは
限りません。
思いっきり振ってもフォロースルーを
小さくすることはいくらでもできます。

ですが先ほど挙げた選手たちは
フルスイングをしつつも
豪快なフォロースルーが特徴的です。

どんなフォロースルーが良い?

ではどのようなフォロースルーが
良いのでしょうか?

そのポイントはスイングの軌道と
ヘッドの返し方です。

まずスイングの軌道ですが
なるべく正面から見て
横に広がりすぎないことが
大切です。


上の画像を見ると
右の方が大きいスイングをしているように
見えますが
スイングの軌道が横に大きくなって
しまっていることがわかると思います。

このように横が大きくなる
スイングというのは
バットが遠回りをする
いわゆるドアスイングの
典型的な形です。

こうしたドアスイングの場合
打球を飛ばす方向へバットが
加速していかないので
あまり良いフォロースルーとはなりません。

画像を見ても
左のスイングは顔が正面を
向いていますが
右のスイングは顔が三塁方向へ
向いてしまっており
バットに振り回されるような
形になってしまっています。

フォロースルーが小さくなる原因

次に
フォロースルー自体が小さくなる原因の
バットの返しですが
インパクトに向けて思いっきり
ヘッドを返そうとしすぎると
体全身の連動性が失われ
手首以外をロックした状態に
なってしまいます。

その結果バットは振れますが
下半身の回転、体幹のひねり
腕のローテーションが不十分となり
フォロースルーが小さくなってしまいます。

その結果スイングの軌道も
小さくなってしまい
いくら力を入れても
その力がボールに伝わりづらく
なってしまいます。

またそれだけでなく
引っ掛けた打球や変化球への
対応といった面でも不利に働いて
しまうことが多くなります。

こうしたスイングにならないためには
インパクトに向けて
なるべくヘッドの返しを遅らせ
その分全身の回転を利用してバットを
インパクトのポイントまでもってくるように
する必要があります。

そして遠心力により
バットが体から離れるのを
我慢することができれば
あとは自然とフォロースルーが
大きいスイングをすることができるでしょう。

フォロースルーの大切さ

フォロースルーを大きくしろ
と言われると
「ボールが飛んだあとだから
関係ないのでは?」
と思われがちですが
こうして考えてみると
良いフォロースルーをするためには
インパクト後にどうするのかではなく
インパクトまでどのような形で
いくかが重要ということが
理解できると思います。

つまりインパクトまでの良いアプローチが
そのまま大ききフォロースルーとなって
現れるということです。

あなたもフォロースルーを
大きくするためにはどうしたら良いのかを
考えられるとそれが結果的に
良いインパクトへのアプローチへと
変わっていくので実践してみましょう。

PS.もちろん大きいフォロースルーだけが
全てではありません。
メジャーリーガーのマイク・トラウト選手は
メジャー最高のバッターと言われていますが
フォロースルーは小さくとてもコンパクトな
スイングに見えます。

当然そこにはそれでもホームランを
量産できる確かな技術があるので
参考となる点はたくさんあります。
一度トラウト選手のフォームをみてみると
面白いと思います。

マイク・トラウト選手↓

“「フォロースルーが小さい」なぜいけない?” への2件の返信

  1. 一つ疑問です。
    確かにフォロースルーが大きい方が効果的な事は判ります。
    しかし、バッターは最低一塁まで走らねばなりません。
    時間、体制でスタートが遅れると思われるのですが、どうお考えですか?
    特に右バッターは不利に思えます。
    高校大学と左ピッチャー殺しの私なら大きなのを狙わない限り、スイングをコンパクトにして出塁していました。

    1. 貴重なご意見ありがとうございます。

      あくまで私の考えですが
      確かにフォロースルーを小さくすることで
      一塁へのスタートはコンマ数秒早くなるかもしれません。
      しかしながらそうしたコンマ数秒を争う状況は
      内野安打を狙った内野ゴロの場合が多いのではないでしょうか?
      内野を抜けるもしくは外野に届く打球の場合
      フォロースルーが大きくなったことで多少
      スタートが遅れてもあまり支障が出ないと考えています。

      もちろん足が速くて
      内野安打だけを狙いたいという選手の場合は
      そのほうが良いのかもしれませんが
      プロ野球をみてもどんなに足の速いバッターでも
      外野への安打の方が内野安打よりも
      はるかに多くなっています。
      また、足が速いバッターがフォロースルーを
      小さくしてもやはり内野手の正面付近の打球では
      内野安打を狙うことはできないのです。

      つまり確率の低い内野安打のために
      フォロースルーをあえて小さくするよりは
      安打の確率の高い外野へ打つために
      フォロースルーを大きくとる方が得策だと
      考えています。

      もちろん記事内にも書いてある通り
      この内容は「フルスイング」をする上での
      フォロースルーの注意点ですので
      おっしゃる通りコンパクトなスイングを
      する選手には当てはまらないかもしれません。

      当然フォロースルーが小さくてコンパクトなスイングでも
      ホームランを打つことはできますので
      それぞれの選手の個性に合わせて
      考えることが最適だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です