バランス能力を高める1


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

小学生の選手のプレーを見ていると
感じることの一つとして
バランス能力がまだ
身についていないなということです。

では、どのような時に
そのようなことを感じるのかというと
それはバッティングにおいても
守備においてもピッチングにおいても
同様に感じられます。

なぜこのバランス能力が
重要かというとバランスを保つことが
体の連動性を高めて
パフォーマンスアップすることに
繋がるからです。

しかし小学生の選手は
まだこのバランス能力に
欠けているため
体が上手く連動しない
プレーとなりパフォーマンスが
向上しないのです。

そうしたプレーをしていると
バッティングであれば
下半身を使わない腕だけのスイング
ピッチングでも腕だけの投球
になってしまいます。
特に投げるということに関しては
腕だけの投げ方になってしまうと
パフォーマンスが上がらないだけでなく
体への負担も大きくなるため
怪我の可能性も高まるので
注意が必要です。

バッティングにおいても
ピッチングにおいても
体が連動したフォームを
身につけるためには
「体の不安定さ」を利用する必要が
あります。

例えば
バッティングの場合
テイクバックで足をあげ
投手のタイミングに合わせて
前足を踏み出して
トップを作っていきます。

この時足を上げた状態は片足で
体重を支える状態となるので
両足よりは不安定な状態となります。
ここでバランス能力が弱い選手の場合
安定を求めて後ろ足に完全に体重をのせ
バランスを整えてしまいます。

これは一見良いように
感じるかもしれません。
しかしバランス感覚の優れている選手は
この時に後ろ足に体重を乗せつつも
完全にバランスを保とうとせずに
ピッチャー方向へ不安定な状態を作り
タイミングを合わせて前足を踏み出して
体重移動の勢いとして利用します。

こうした体の不安定さを完璧に
コントロールするができるのが
バランス能力に優れた選手であり
逆に不安定をコントロール
することができないため
初めから安定しようとしてしまうのが
バランス能力に欠けている選手です。

サーカスなどで行われる
綱渡りを思い浮かべてみてください。
綱渡りは不安定な揺れる一本の綱の上を
不安定な体勢で進んでいきます。

この時ずっと不安定な状態が
続きますが倒れないように
何度も何度も体勢を立て直し
前へ進んでいきます。

この不安定から立て直せるという
感覚と能力があるからこそ
進むことができますが
バランス感覚がない場合
不安定からバランスを立て直せる
自信や感覚がもてないため
危険を感じ綱渡りをすることは
できずにスタートラインで「安定したまま」
立ち止まってしまうでしょう。

バッティングやピッチングにおいても同様です。
バランス感覚に優れた選手は
体重移動の勢いを最大限に活かすために
不安定さを作り出そうとしますが
バランス感覚のない場合は
不安定さを作り出すと転倒してしまう
可能性があるので安定を求めすぎてしまい
体重移動の力を上手く使うことが
できなくなってしまうのです。

守備の場合は
あと一歩で届きそうな打球。
体勢を崩してグローブを伸ばせば
届きそうですがそのあとに転倒してしまう
イメージがあるとグローブを出すことが
できません。

しかしバランス感覚に優れた選手は
体勢を崩してグローブを伸ばしても
そこから体勢を立て直すイメージと
感覚があるため守備範囲が広くなります。
ジャンピングスローやダイビングキャッチも
同じようにバランス感覚が優れているからこそ
行えるプレーでもあります。

以上がバランス感覚が
重要だと言われる理由です。
次回はどうすれば
バランス感覚を鍛えることが
できるのかを考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です