金属バットの弊害


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

昨今野球界では高校野球を
はじめとしてホームラン数が
増加しています。

その要因として考えられることは
ウエイトトレーニングの効果も
あると思います。
しかし、それ以前に金属バットの性能による
影響が大きいのではないかと
言われ始めています。

実際のところ
昔に比べると
野球用品店に並ぶバットの
金額は大きく跳ね上がっており
それに比例するようにバットの
飛距離の性能も上がってきているように
思います。

その結果
バットの性能を駆使して
ホームランを打つ選手が増加する
ことに繋がっているのですが
こうした金属バットの性能に
頼ったスイングには大きな
弊害があるのです。

それは、飛びすぎてしまうことによる
打者の勘違いです。

金属バットは基本的に
高校野球まで使われますが
それ以降の大学野球や社会人野球
そしてプロ野球では木製バットが使われます。

金属バットは木製バットよりも
振りやすく弾きが良いのが特徴で
先ほどもお伝えした通り性能が格段に
上がってきています。

しかしながら木製バットはというと
木を使っているのでそこまで格段に
性能が良くなったりはしていません。

その結果
高校時代に金属バットで
ホームランを連発しており
自分をホームランバッターだと
勘違いをしてしまうと
木製バットになった時に
飛距離の違いに戸惑い
自分のバッティングを見失ってしまう
可能性があるのです。

最近ではフライボール革命
という言葉もあるように
打球に角度をつけて
飛ばすことでヒットを打つ確率を
高めるという考え方があります。

高性能な今の金属バットを用いて
このフライボール革命に乗っかれば
飛距離は上がりホームランが増えることは
間違い無いでしょう。

しかし、それが通用するのも
高校生までです。

そうした打ち方が身についた選手が
木製バットを使うようになると
一気に打球が飛ばなくなり
ホームランが外野フライに
変わってしまうでしょう。

もちろん金属バットであっても
正しいフォームでスイングをすることが
できれば木製バットでも飛距離を
出すことができギャップに苦しむことは
無いと思います。

ですが
普段から金属バットの飛距離に慣れてしまうと
正しいスイングを身につけることが
とても難しくなってしまいます。

こうした金属バットの弊害を
危惧する声はプロ野球界からも
上がっています。

おそらく近い将来は
高校野球も木製バットになるか
低反発の金属バットが使われるのではないか
と言われていますが

これから先、木製バットでの野球に
取り組むという選手は
そうした対応が取られる前から
自分のためにも金属バットに
頼らないスイングを身につけていきましょう。

金属バットに頼らない
スイングを身につけたい方は
是非一度お越しください↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です