エクステンションとは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは「エクステンション」
という言葉を聞いたことがありますか?

直訳すると
延長や伸長といった意味がありますが
野球では少し違った意味合いで
使われます。

簡単に言うと
このエクステンションは
ピッチャーがボールを投げる
リリースポイントのことです。

具体的には
ピッチャーのプレートから
ホームベース方向に向けて
ピッチャーがリリースした位置の
距離を表しています。

つまりエクステンションは
どれだけバッターに近いところで
ボールをリリースし投げられているかを
示す数値なのです。

よく球持ちが良いと言われる選手は
このエクステンションの数値が高いと言う
ケースが多いです。

このエクステンションは
身長が高ければそれだけ
足も腕も長いため高い数値が出るのは
間違いないでしょう。

もちろん一概に球持ちが良いから
バッターを抑えられると言うわけでも
ありません。
プロ野球選手の中には球持ちはよくないが
逆にそれが特徴として生かされて
バッターを抑えることが
できる選手も多くいます。

しかしながら
やはりピッチャーをやる上では
このエクステンションが高いことで
よりバッターに近いところから
ボールを投げることができるため
有利に働くと考えられています。

ではこうしたエクステンションを
高くするためにはどのような
練習が必要となるのでしょうか?

まず一つ目は
下半身の柔軟性です。

過度な柔らかさは不要ですが
最低限の柔軟性を持っていなければ
踏み出す足の位置が短くなり
エクステンションを伸ばすことができません。

そのため柔軟性は必須事項となるでしょう。
しかし柔軟性があるからといって足を伸ばしすぎてしまうと
そもそも体重移動が難しくなりうまくリリースに
力が伝わらなくなってしまうので
注意をしましょう。

そして二つ目は体を支える力です。
リリースポイントを前にするには
そのリリースポイントまでボールを離さずに
持っておく必要があります。

これは簡単に聞こえますが
意外と難しいものです。
なぜならば
投球モーションの勢いに比例して
体にも負荷がかかりやすくなるため
その負荷に耐えきる下半身の強さや
体のバランスを保つ体幹の強さが
重要になってくるからです。

その負荷に耐えきることができない場合
フォームを保つことができないため
やむを得ず理想とするリリースポイントよりも
早めにボールをリリースしてしまうのです。

特に投球フォームに無駄が多く
力任せに投げているという選手は
この負荷が体に大きくかかってしまうので
気をつけましょう。

エクステンションは
トラックマンと呼ばれる
ボールの回転数などを見ることが
できる機械で測ることができ
MLBなど実際の現場では
その数値から好不調を確かめたり
するそうです。

ドジャースの前田投手も
昨年一時期打ち込まれていることがあり
その際にこのエクステンションの
数値が好調時に比べると下がっていたようです。

同じ球速でも
このエクステンションが高いことで
バッタに近いところから投げることが
できるためバッターが差し込まれる
ようなボールを投げることができます。

あなたもどのようにすれば
この数値が伸びるのかを
考えながらピッチングをすると
面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です